ベルメゾンネット

「スター・ウォーズ レジスタンス」初回特別エピソード、ディズニーXDとDlifeで12月9日同時日本初放送!

スター・ウォーズ レジスタンス

© & TM 2018 Lucasfilm Ltd.

 『スター・ウォーズ』新作テレビアニメシリーズ「スター・ウォーズ レジスタンス」が、日本のディズニーXD、Dlifeにて12月9日(日)に同時日本初放送されます!

 「スター・ウォーズ レジスタンス」は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の前の時代を舞台に、レジスタンスに入隊した主人公のパイロット、カズがファースト・オーダーの脅威をスパイする最高機密任務を描いたTVアニメーションシリーズ。

 映画でもおなじみのBB-8やポー・ダメロン、キャプテン・ファズマ、そしてレイア・オーガナ将軍も登場。声の出演も、映画本編で演じたオスカー・アイザックとグウェンドリン・クリスティーが担当しています。

新作アニメ「スター・ウォーズ レジスタンス」予告編&第1話あらすじ公開!レイアも登場
『スター・ウォーズ』新作アニメーション「Star Wars Resistance(スター・ウォーズ レジスタンス)」の予告編が公開。第1話のあらすじと、レイア・オーガナ将軍を演じるキャストも発表されました。

 アメリカでは10月7日(日)に放送開始されたばかりですが、その2か月後に日本でも見られるとは、かなり迅速に日本語版を制作していますね…

スポンサーリンク

邦題は「レジスタンス」
日本版ポスターアートも初公開

 今回の発表では、「スター・ウォーズ レジスタンス」日本版のポスターアートも初公開。

スター・ウォーズ レジスタンス

© & TM 2018 Lucasfilm Ltd.

 主人公カズと、トラ、タム、ニークー、そしてBB-8がビークルが飛ぶ青空の元を歩んでいるビジュアルで、大空でのレースや空中戦を描く「スター・ウォーズ レジスタンス」を表したものになっており、基本的にアメリカ版と同様のデザイン。

 「戦術より直感で飛べ!というキャッチコピーも、英語版のコピーを意訳した感じです。

 また日本語版タイトルロゴも公開され、本作の邦題が「スター・ウォーズ レジスタンス」であることが明らかになりました。

 すでに「レジスタンス」という固有名詞が浸透している以上、日本語タイトルはこれ以外にないでしょうね。

有料/無料チャンネル同時放送の狙いは

 ディズニーXD、Dlifeで12月9日(日)に初放送される「スター・ウォーズ レジスタンス」初回特別エピソードは1時間とのことなので、放送されるのは最初のエピソードである「The Recruit」となるでしょう。

 ディズニーXDは、ケーブルテレビのJ:COM、CS放送のスカパー!プレミアムサービス、ひかりTV、その他のケーブルテレビ、ブロードバンド配信やなどで視聴が出来る有料チャンネルで、Dlifeは無料のBSテレビ局。

 なぜ有料/無料のチャンネル双方で同時に放送するのか、と思われるかと思いますが、今回の発表は「レジスタンス」の「初回特別エピソード」の日本初放送についてのもので、シリーズの今後の放送予定についてはまだ発表されていません。

 普通に考えれば、まずは当然有料チャンネルの視聴者を優遇しなければならないので、「スター・ウォーズ 反乱者たち」がそうであったようにシリーズについてはディズニーXDで先行放送され、次いで無料のDlifeでの放送となるのではないかと思います。

 今回、ディズニーXDで初回特別エピソードを放送するのは今後のシリーズ視聴につなげるため、無料のDlifeで放送する狙いは「レジスタンス」を知ってもらうことによるディズニーXDへの加入促進/または将来のDlife放送時の視聴につなげることだと思われます。

主人公カズ役クリストファー・ショーンは日系人

 さて、「スター・ウォーズ レジスタンス」は日本のアニメを意識した作りになっており、日本のCG制作/アニメ制作会社のポリゴン・ピクチュアズが制作を担当しているなど日本とのゆかりがありますが、これに加えて主人公カズを演じているクリストファー・ショーンは日本人の母を持つ日系人俳優なのです。

 ロサンゼルスの日系人向け新聞The Rafu Shimpoでは、クリストファー・ショーンのインタビューが掲載されています。

 日本を含む様々な国で過ごしてきたクリストファー・ショーンは、青木翔という日本名も持っています。

 キャスティングから1年半の間に渡り、家族にすら『スター・ウォーズ』のアニメに出演が決まったことは秘密だったとのこと!これはきつい…

 『スター・ウォーズ』の新たなヒーローの活躍を楽しみに待ちたいですね。インタビューは日本語なので、ぜひご一読を。