ベルメゾンネット

ライトセーバーの決闘シーンでダース・ベイダーを演じたボブ・アンダーソン逝去

 AFPBB Newsより。

 『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』と『ジェダイの帰還』でダース・ベイダーのライトセーバーでの戦いのスタントを演じたボブ・アンダーソンが、1日に89歳でお亡くなりになりました。

スポンサーリンク

ダース・ベイダーの決闘シーンを演じる

 ボブ・アンダーソンは、イギリスのフェンシングのオリンピック選手として活躍後、映画界で数々のアクション映画の殺陣指導やスタントを担当。

 『スター・ウォーズ』旧三部作では、ライトセーバーの戦いの殺陣指導の他、『帝国の逆襲』と『ジェダイの帰還』の決闘シーンでダース・ベイダーを演じました。

 ご存じの通り、主要シーンではデヴィッド・プラウズが、声はジェームズ・アール・ジョーンズが演じていましたが、ライトセーバーを振るう決闘シーンはボブ・アンダーソンが演じていたのです。

 このあまり知られていない事実は、ルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルが1983年に「スターログ」で語ったことで明らかに。マーク・ハミルとしても、その功績を称えたかったのでしょう。

 近作では、『ロード・オブ・ザ・リング』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』などの作品の殺陣指導を行っており、2012年12月公開の『ホビット 思いがけない冒険』にも携わっていました。

 ライトセーバーを振るうダース・ベイダーの姿を見て、多くの『スター・ウォーズ』ファンが今後もボブ・アンダーソンのことを思い起こすことでしょう。

スポンサーリンク
ライトセーバーの決闘シーンでダース・ベイダーを演じたボブ・アンダーソン逝去
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事