スター・ウォーズ カーナビ発売!吹き替え声優起用でC-3PO、ダース・ベイダーがナビ

 ディノスより。

 ついに、『スター・ウォーズ』の世界観そのままにルート案内してくれるカーナビ「
STAR WARS(TM) カーナビ」が登場します!

 最近、「ワンピース」や「ヱヴァンゲリヲン」などの人気アニメの世界観や声優を起用したキャラクターカーナビが続々と登場していますが、まさか『スター・ウォーズ』カーナビが実現するとは・・・

 製造は、そのヱヴァンゲリヲン ポータブルカーナビも手掛けたアール・ダブリュー・シーが担当しており、キャラクター商品化には慣れたメーカーのようです。

スポンサーリンク

反乱軍と帝国軍の2つのモード

 まず、ナビアプリを起動すると『スター・ウォーズ』のテーマ曲が!これはドライブのテンションが上がる!

 また、このカーナビは「反乱軍モード」と「帝国軍モード」の2つのモードがあり、モードによって音声ガイダンスや自動車位置アイコンが切り替わるという凝った仕様。

『スター・ウォーズ』キャラクターがドライブをナビ!

 「反乱軍モード」では、C-3PO、R2-D2、チューバッカのルート案内音声で、自車位置アイコンはR2-D2。「帝国軍モード」ではダース・ベイダーのルート案内音声で自車位置アイコンはスター・デストロイヤー!

 しかも、C-3POは岩崎ひろし、ダース・ベイダーは大平透と、おなじみの日本語吹き替え版の声優陣を起用し、このカーナビのために200種類以上のパターンの音声を再収録しています!これはファンにとっては違和感がなく、安心出来る要素ですね。

 ナビ中にキャラクターが話すセリフも面白く、ミレニアム・ファルコンやスター・デストロイヤーを操縦している気分になりそうです。

総走行距離で自車位置アイコンが追加

 さらに、やり込み要素としてカーナビでの総走行距離に応じ、自車位置アイコンの追加も! 「反乱軍モード」は、ミレニアム・ファルコンやヨーダなど全10種類、「帝国軍モード」はデス・スターやタイ・ファイターなど同じく全10種類、両モード合わせて計20種類が用意されています。

光って音が出るルークのライトセーバー型タッチペン

 「スター・ウォーズ カーナビ」自体のデザインも、『スター・ウォーズ』にありそうなパネル風のモールドで、スタイラスペン(タッチペン)はルークのライトセーバー型!なんと畜光素材を使っているので暗闇で光り、タッチ音はライトセーバーの効果音が!ここまで細部に凝ってくれるとうれしいですね。

 取り付け工事は不要で、付属の吸着式スタンドで簡単に取り付けられる他、動画・音楽・写真の再生、ワンセグと、本体そのものの機能も充実。

フジテレビ系通販にて発売

 発売は、フジテレビ系などの31局、BSフジ、CS各局1ヶ月あたり合計500回前後放映予定の通販番組「DJモノフェスタ」での通販や、ディノスにて行われます。7月30日(月)には、「スター・ウォーズ カーナビ」特集ページも公開予定とのこと。「DJモノフェスタ」にはC-3PO、R2-D2、ダース・ベイダーやストームトルーパーも登場しているようですよ。

 「スター・ウォーズ カーナビ」があれば、ご近所でも長距離旅行でも、何パーセクもの銀河をハイパードライブで駆け抜けることが出来るでしょう!