スター・ウォーズキャラ登場のアメリカ公共CM

 ハリウッドチャンネルより。

 日本では「ぽぽぽぽ~ん」などでこの春に公共広告機構(AC)が話題となりましたが、クリント・イーストウッドや『スター・ウォーズ』キャラクターが出演したアメリカの公共広告のCMが紹介されています。

 気になったので元記事を探してみると、いくつか『スター・ウォーズ』キャラクターが登場する公共広告CMがありました。

スポンサーリンク

隠れてモクをやるR2-D2 子供の喫煙防止CM

collider.com

 C-3POがいつものごとくR2-D2を探すと、奥から煙が!なんとR2がタバコを吸っていた!R2はどこでグレてしまったのか・・・胴体から伸びたアームでタバコをつかむR2はキュートながらもワルそうです。

カンティーナでもダメ!飲酒運転

collider.com

 フィグリン・ダンのバンドが演奏する例のテーマが流れる中、カンティーナでいつものように飲んだくれるエイリアンたち。

 カウンターで酔ったタルズ(マフタックか?)が、暴れ始めるが見かねたデュロス(エローズ・マダックかバニス・キーグ?)が介抱し「はるか銀河の彼方でも、友達なら酔った友達には絶対に運転させない」というナレーションが流れる、飲酒運転撲滅のためのCM。

 カンティーナの映像は映画本編とは違う新録のようですが、いつ撮影したのでしょうか?「スター・ウォーズ ホリデースペシャル」の時に一緒に撮ったのか・・・放送は1979年にされた模様。

子供の予防接種

collider.com

 デス・スターでルークたちが潜んだ、コントロールルームっぽい場所でC-3POとR2-D2が子供の予防接種について話し合うという内容。

 公共広告のキャラクターに使われるとは、当時の『スター・ウォーズ』人気の幅広さを伺い知ることが出来ますね。オリジナル映像が見られるのもファンにはうれしい。こうした映像もブルーレイに収録して保存して欲しい!

スポンサーリンク
スター・ウォーズキャラ登場のアメリカ公共CM
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事