「スター・ウォーズ エピソード8」タイトル正式発表!「最後のジェダイ(THE LAST JEDI)」とは

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ

 「スター・ウォーズ エピソード8」のサブタイトルが、「STAR WARS: THE LAST JEDI(スター・ウォーズ/最後のジェダイ)」であると、公式サイトStarWars.comが発表しました!

 今年2017年12月15日(土)に公開ということで、公開まで1年を切った段階での「スター・ウォーズ エピソード8」のサブタイトル発表。

 毎度の恒例行事として、サブタイトルから作品内容をファンがあれこれ想像することになりますが、今回の「ザ・ラストジェダイ(最後のジェダイ)」は、シンプルでどこかで聞いたことがありながらも意味深で、なかなかインパクトが強いです…英文での略称は「TLJ」となるでしょうね。

スポンサーリンク

「最後のジェダイ」が持つ意味とは

 「THE LAST JEDI」というサブタイトルの「最後のジェダイ」としてすぐに思い浮かぶのは、もちろんルーク・スカイウォーカー。

 『ジェダイの帰還』の時点でヨーダやオビ=ワン、アナキンが去ってしまったため、最後のジェダイとなったルーク。

 『フォースの覚醒』の時点でも、自身が再興しようとしていた新世代のジェダイたちはカイロ・レンたちによって滅ぼされ、ルークは再び銀河に残された最後のジェダイとなっていました。

 そのため、このサブタイトルの「最後のジェダイ」が指し示すのはルーク・スカイウォーカーのことであり、ルークが最初のジェダイ聖堂(テンプル)を探していた理由、またルークと新世代のジェダイたちをカイロ・レンが所属するレン騎士団が襲撃するに至ったいきさつといった、『フォースの覚醒』では語られなかったルークに関する様々な物語が展開されるのではないでしょうか。

 これは『フォースの覚醒』のオープニングクロールでも「最後のジェダイであるルーク(Skywalker,the last Jedi)」とされていました。

 そしてルークの元に辿り着いたレイも、前作で覚醒したフォースをより自覚することになり、『帝国の逆襲』でかつてルークとヨーダが師弟となったように、ルークの元での修行によってジェダイへの階段を昇ることになるのでしょう。こうした意味で、レイもまた「最後のジェダイ」となっていくのかも知れません。

「最後のジェダイ」という
サブタイトルは過去に存在していた

 ちなみに、『スター・ウォーズ』では『エピソード3/シスの復讐』の後と『エピソード6/ジェダイの帰還』の後で、それぞれジェダイが滅亡に瀕してしまうこともあり、「THE LAST JEDI(ザ・ラストジェダイ/最後のジェダイ)」というサブタイトルはそこまで目新しいものでもなかったりします。

 レジェンズとなった過去のスピンオフ小説の中には、そのものズバリな「The Last Jedi(未邦訳)」というタイトルもありました。

 スピンオフ小説の「The Last Jedi」は、オーダー66以降に「最後のジェダイ」となったジャックス・パヴァーンを主人公にしたシリーズ。ちなみにこのジャックス・パヴァーンは、「スター・ウォーズ ダース・モール 闇の狩人」の主人公ローン・パヴァーンの息子でもあります。

 この他、同じく『シスの復讐』以降を描いたスピンオフ小説の「スター・ウォーズ/ラスト・オブ・ジェダイ」というシリーズも。こちらはかつてジェダイ騎士団に所属していたフェラス・オリンが、やがて帝国への反乱運動の一端を担っていくというストーリーで、日本でも邦訳されたので読んだことがある方もいらっしゃるでしょう(シリーズ途中で邦訳が止まってしまいましたが…)。

タイトルロゴはなぜ赤い?

 「エピソード8」となる「STAR WARS: THE LAST JEDI(スター・ウォーズ/最後のジェダイ)」のサブタイトルの発表と同時に公開された本作のタイトルロゴは、『フォースの覚醒』のタイトルロゴと同様のデザインでありながらも、『スター・ウォーズ』ロゴはこれまでの黄色ではなく、赤に縁取られています…

 『ジェダイの帰還』のタイトルロゴも赤かったですが、『スター・ウォーズ』ロゴがわざわざ赤くなっているのは何らかの意図があるはず。

 赤から連想されるのは、カイロ・レンのライトセーバーや血、破壊といった不吉なもの。三部作の中間作ということもあり、より作品全体にダークサイドの色が濃くなるのでしょう。

 ただ、作品のトーンは楽しいものにしたいと「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の監督・脚本を務めたライアン・ジョンソンは語っており、様々な側面のある作品となりそうです。

 『フォースの覚醒』のあのラストシーンから始まる「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」。新キャスト、スタッフなどの情報は「スター・ウォーズ エピソード8」主要撮影開始!初の告知映像&新キャスト発表!のエントリーをご参照ください。

「スター・ウォーズ エピソード8」主要撮影開始!初の告知映像&新キャスト発表!
 「スター・ウォーズ エピソード8」の主要撮影が、イギリス・ロンドンのパインウッドスタジオにて2月15日(月)より開始されました!starw...

【追記】日本語タイトルは
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に正式決定

※2017年2月3日追記:

 「STAR WARS: THE LAST JEDI」の日本語タイトルは、当然ながらというか『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』であると正式発表されました。

スポンサーリンク
「スター・ウォーズ エピソード8」タイトル正式発表!「最後のジェダイ(THE LAST JEDI)」とは
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事

コメント

  1. 匿名 より:

    ローン・パヴァーンの息子出てきてたんですか!?意外です。ラスト・オブ・ジェダイってフェラスが暗黒面に近付いてくところで終わったので落胆してました。今回のタイトルは……………まあ思う所はありますが…

  2. 匿名 より:

    ローン・パヴァーンの息子出てきてたんですか!?意外です。ラスト・オブ・ジェダイって本当に半端でしたよね。今回のタイトルは…まあ思う所はありますが…既存か…

  3. summer2005 より:

    >匿名さん
    「The Last Jedi」には、「闇の狩人」で触れられていた
    ローン・パヴァーンの息子のジャックスが登場します。
    「ラスト・オブ・ジェダイ」の邦訳が止まってしまったのは残念でしたね…