ペプシ、公取委から注意

 YOMIURI ONLINEより。

 ペプシおまけのガンダムは「懸賞品」…公取委が注意
サントリー ペプシツイスト 500mlボトル缶 24本入ガンダムSEEDフィギア付サントリー ダイエットペプシツイスト 500mlボトル缶 24本入ガンダムSEEDフィギア付

 清涼飲料水「ペプシツイスト」などのおまけをめぐり、同飲料水を製造・販売しているサントリー(大阪市)が公正取引委員会から、景品表示法違反の疑いがあると注意を受けていたことが、25日わかった。

 中が見えない袋に入った人気アニメ「機動戦士ガンダム」のキャラクター模型は、消費者の射幸心をあおる「懸賞品」に当たると判断された。約20年前には、ロッテ(東京都新宿区)がシール付きの「ビックリマンチョコ」で同様の注意を受けており、コレクター心理をくすぐる販売戦略に再び「待った」がかかった。

 サントリーは2003年9月から、32種類の「ガンダム」の模型のうちいずれか1種類を袋入りのおまけにして、「ペプシツイスト」ボトル缶などの販売を始めた。おまけは全商品についていれば、通常は「景品」とされるが、ペプシの場合、いくら商品を買っても全種類を集め切れるかどうかは運に左右されるため、公取委は「懸賞品」と認定。懸賞品の価格は商品価格の2%以下でなければならないが、今回はこの制限を超えていたという。

 公取委などによると、模型の中には、めったに入手できない「レアもの」もあり、全種類を集めようとして大量に商品を購入し、飲料のみをインターネットなどで販売するコレクターもいた。全種類そろった模型は、ネットオークションで10万円前後で売買されているという。

 公取委は9月末、サントリーに注意を出すとともに、全国清涼飲料工業会にも、同じような販売手法を取らないよう要請した。サントリーは審査中だった同月上旬に、袋を透明なものに変更した。

 サントリー大阪広報部は「9月から透明化したのは当社独自の判断」としたうえで「飲料業界の一員として、公取委の指摘に従いたい」としている。

 
 今後、盲パイという行為が消滅してしまうのでしょうか・・・
 消費者側にとっては欲しい物だけ購入することができ、特定のアイテムだけのコレクションやコンプも簡単になるものの、メーカーにとってはいわゆる「大人買い」が減り、痛手になるのではないでしょうか。
 また、オマケ自体も「レア物」や「シークレット」を出しづらくなり、あのドキドキ感が感じられないものになるでしょう。

 これからはコンプ品の高額な取り引きは見られなくなるのでは・・・冬のSWもブラインドではないようですし・・・
 
 それにしても、懸賞品の価格は商品価格の2%以下だったのか・・・

スポンサーリンク
ペプシ、公取委から注意
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク