ジェック役ウィリアム・フットキンス氏死去

 Star Wars公式ページより。

 「スター・ウォーズ エピソード4/ 新たなる希望」でジェック・ポーキンス役を演じられたウィリアム・フットキンス氏がカリフォルニアのサンタモニカでお亡くなりになりました。享年58歳。
 
 テキサスで生まれ、その経歴の早いうちからイギリスへと渡り、そこでイギリスのスタジオで撮影されていた「スター・ウォーズ」に出演。デス・スター攻撃に参加した、レッド6に搭乗する反乱軍パイロットのジェック・ポーキンスを演じました。

 ルーカス・フィルムの作品では「レイダース/失われたアーク」、「ヤング・インディージョーンズ」に出演。
 その他の映画では「バットマン」、「リバーランズスルーイット」などに出演。遺作はスタンリー・キューブリックの「アイズ・ワイド・シャット」の製作の舞台裏を実話を元に描いた「Colour Me Kubrick」で、現在ポストプロダクション中とのこと。
 
 オゼル提督に続いてジェックまで・・・ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク
ジェック役ウィリアム・フットキンス氏死去
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク