サミュエル・L・ジャクソン演技功労賞&へイデンと再共演

 FLiXより。

 サミュエル・L・ジャクソンが、ハワイ国際映画祭で演技功労賞を受賞しました。
 映画祭主催者は、「彼は、国際的な名声を得たマイノリティのアメリカ人だ。日本や韓国でも広くその名を知られており、我々の選択にふさわしい人物」とコメントしたとのことです。

 確かにサミュエル・L・ジャクソンはあらゆる映画に出まくっていますね。
 聖書の一節を引用する殺し屋とか。本当は聖書じゃなくて千葉真一主演の「ボディガード牙」のアメリカ公開版に、配給会社が勝手につけた序文の引用なのですが・・・

 そんなサミュエル・L・ジャクソンがヘイデン・クリステンセンとスリラー映画「ポーカー・ナイト」(原題)で共演が決定しました。
 ヘイデン・クリステンセンは新米刑事役。彼が目覚めると、自分が椅子に縛り付けられ、薄暗い地下50階に誘拐されていることに気付くというお話。「SAW」みたいな感じでしょうか?

 監督はニック・ジラードがあたるとありますが、これって新三部作のスタントコーディネーターのあのニック・ジラードですかね?imdbでも調べたのですがまだアップされていないご様子。彼は第2班監督の経験もあるようなので、その可能性もありそうです。

 だとしたら、因縁の対決があり得るかも・・・
 まぁ、ほぼ確実なのは新米のヘイデン刑事にサミュエル・L・ジャクソンが説教するシーンではないでしょうか!

スポンサーリンク
サミュエル・L・ジャクソン演技功労賞&へイデンと再共演
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク