ILM、米国技術栄誉賞受賞

 Hotwired Japanより。

 ILM(インダストリアル・ライト・アンド・マジック)が、米国技術栄誉賞を受賞しました。これは米国の技術賞で最も権威がある賞です。

 表彰式は米東部時間13日午前10時40分からの予定で、場所はホワイトハウス!ホワイトハウスのサイトでインターネット中継も行なわれる模様。

 ここの所、賞関連からは遠のいていたILMですが、功績を認められれて娯楽企業では初の受賞だそうです。
 
 「スター・ウォーズ/新たなる希望」と共に生まれ、今見ても遜色ないデス・スター特攻シーンを作り出し、以後アカデミーを14回受賞するなどVFX界のレベルを高めてきました。

 また、ルーカスが長らく休止状態だった「スター・ウォーズ」サーガを再開し、新三部作の製作を決断させたのは、「ジュラシック・パーク」の恐竜の出来栄えに感動したからです。彼はテスト映像を見て、そのリアルさに涙を流したとか。

スポンサーリンク
ILM、米国技術栄誉賞受賞
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク