オーウェン・ラーズ役フィル・ブラウン氏逝去

 Star Wars.comThe Official Phil Brown Websiteより。

 「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」でオーウェン・ラーズを演じたフィル・ブラウン氏が、2月9日に亡くなりました。享年89歳でした。

 フィル・ブラウン氏はマサチューセッツのケンブリッジで生まれました。スタンフォード大学で演出法を専攻し、ニューヨークのグループ・シアターで活躍。 その後、1940年代は数々のハリウッド映画に出演。ハリウッドの有名な舞台劇場「アクターズ・ラボラトリー」の設立を手助けしました。

 「The Harlem Globetrotters」で監督を務めた1951年は、ちょうど反共産主義「マッカーシズム」、いわゆる「赤狩り」がハリウッドで吹き荒れた頃でした。ブラウン氏は共産党のメンバーではなかったにも関わらず、1952年にブラックリストに載せられ、アメリカで仕事をすることができなくなりました。
 そこでロンドンへ行き、舞台、テレビ、映画で引き続き活動。舞台とテレビでは演出もしていました。

 そして1977年に「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」でルークの叔父、オーウェン・ラーズ役で出演。

 近年では多くのコンベンションやイベントに出席し、多くのスター・ウォーズファンに会う機会を作っていました。よく妻のジニーさんと同伴してファンコンベンションに来ており、ファンにはジニーさんもおなじみだったようです。

 「新たなる希望」の食卓のシーンは、オーウェン叔父さんの複雑な心境が伺える、味のある演技でした。このシーンがあるからこそ、直後の夕暮れ二重太陽シーンのやりきれなさが引き立つのです。

 ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク
オーウェン・ラーズ役フィル・ブラウン氏逝去
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事
スポンサーリンク