フォースアクションライトセーバー、12月発売

 おなじみハズブロー製のライトセーバーがこの度バージョンアップ!「フォースアクションライトセーバー」と銘打って、ついにブレード部分がハンドルに完全に収まる仕様を実現!
 
 これまで、ハズブロー製ライトセーバーは音や光の機構スペースのため、劇中同様にブレード部分が収まる作りにすることは不可能だった。

 しかし、技術の進歩によって部品の小型化に成功(したのだと思う)。音や光のギミックはそのままに、起動ボタンを押すとスプリングによってブレード部分が伸びる!

 Rebelscum.comに製品画像が。ブレード部は以前よりも細くなった印象を受ける。

 ラインナップは「ルーク・スカイウォーカー(エピソード4)」、「オビ=ワン・ケノービ(エピソード1、2)」、「ダース・ベイダー」の3種。日本発売は12月予定。

 今後はこのモデルが主流になるはず。FXライトセーバー、欲しいけど高い・・・とお嘆きの方はこれを!

スポンサーリンク
フォースアクションライトセーバー、12月発売
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク