マスター・レプリカ、SWライセンス契約終了

 Star Wars公式より。

 マスター・レプリカの『スター・ウォーズ』商品のライセンス契約が今年で終了するという発表が!

 マスター・レプリカの親会社であるコーギー・インターナショナルとルーカスフィルムとの間で、ライセンスの更新が諸条件により合意に至らなかったとのこと。これによって、ライトセーバーなどのプロップレプリカがマスターレプリカからは発売されなくなります。

 マスター・レプリカは昨年の暮れに、コーギー・インターナショナルと合併した経緯が。ルーカスライセンシングは、できるだけ早く新しいライセンスをコーギーと結びたいとしています。

 あのFXライトセーバーも、ライセンス終了に伴って今後は市場に出回らなくなってしまうのでしょうか・・・

スポンサーリンク
マスター・レプリカ、SWライセンス契約終了
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク