クローン・ウォーズ見どころ・トリビアチェックポイント10

 StarWars.comより。

 ついに公開された『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』。もうご覧になった方も多くいらっしゃると思いますが、『クローン・ウォーズ』の見どころ・トリビアチェックポイント10をご紹介!

 以下、ネタバレを含みますので未見の方はご注意を。

 1.セネート・コマンドー

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

 映画の冒頭、パルパティーンの部屋のドアを警備しているのは、今回初登場のセネート・コマンドー。

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ セネート・コマンドー

 一見、クローン・トルーパーのような装備ですが、彼らはクローンではなく、また全身ブルーの装飾を施されており『エピソード1~3』に登場したセネート・ガードのようです。ローブがないことで、より機動力に長けているのかと思いますが、彼らはこの秋から放送されるTVシリーズにも登場します!

 2.ユレイレン提督

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ ユレイレン

 スター・デストロイヤーにて、メイスとヨーダからの通信を受け取りアソーカを伝令に向かわせた共和国の提督がユレイレン(字幕ではユラーレンと表記)。

 見ていて、おっ、と思いましたがやはり『新たなる希望』でデス・スターの会議室にいたウルフ・ユレイレン大佐と同一人物!約20年前には白髪ではなかったのですね・・・

 ユレイレンはアナキンやオビ=ワンと共闘しますが、20年後、ベイダーと反乱軍の対策を話し合うことに・・・一方、デス・スター内にはオビ=ワンが・・・

 このシーンにまた一つ別のドラマが生まれることになります。

 3.頭を抱えるガンナー

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

 クリストフシスで共和国側のカギとなったアーティレリー・キャノンの横には、クローントルーパーが頭を抱えて砲撃の衝撃に備えています。

スター・ウォーズ デス・スター ガンナー

 『新たなる希望』でも、デス・スターガンナーが同じように頭を抱えています。いや、ガンナーだったら当たり前、と言われたらそれまでですが・・・

 4.ブラスターで松葉杖

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

 クローン・トルーパーが自分のブラスターライフルを松葉杖にして歩いている・・・戦場の過酷さを物語る1コマ。

 5.ロースサム将軍のドロイドの運命

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

 分離主義勢力のウォーム・ロースサム将軍の、うさぎのような耳を持つサーバントドロイド。ホログラムを再生したり、お茶をくんだりと働いていたこのドロイドですが、オビ=ワンが将軍を確保するためひと暴れした時に、実は流れ弾に当たって爆裂しているシーンが・・・

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

 R2はブラスターを受けても修理してもらっていますので、この後修理されたことを切に願います・・・

 6.ガンシップの絵

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

 今回登場するガンシップには、トワイレック美女やミサイルを持ったコワキアン・モンキーリザードの絵がペイントされており、実際の軍隊のような演出をしています。

 7.R2-KT

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ R2-KT

 R2-D2の横にいるピンクのアストロメクドロイドはR2-KT。R2-KTは、「501st Legion」の創設者アルビン・ジョンソンの愛娘で、小児癌と戦っていたケイティ・ジョンソンを励ますために、有志によって作られた実物大のピンクのアストロメクドロイドです。のちに、ケイティへ敬意を表してハズブローからフィギュアが発売されました。

 『クローン・ウォーズ』に登場したことによって『スター・ウォーズ』の歴史に永遠に名を刻むことになりました。

 8.バトルドロイドを蹴る

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

 崖の激闘の後、クローン・トルーパーがバトルドロイドの残骸を足で突付いてます。

 9.ズィロのクラブで

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

 コルサントにあるズィロ・ザ・ハットのクラブのバーテンダーは、なぜか2-1Bに似たメディカルドロイド!蝶ネクタイがかわいらしい・・・

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

 さらに、影で暗くてわかりづらいのですがアルコーナとビスがキスしています!

 ちなみに、ズィロはどう見てもドラッグクイーン、わかりやすく言えばオカマにほかなりませんが、こうした描写は『スター・ウォーズ』でも初かと思います。ハットは雌雄同体なので、その影響か?

 10.ホログラフの看板

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

 ズィロのクラブの外観には、『エピソード2』で見られたようなホログラフ看板があります。

 1.ビスのバンドのロゴ。

 2.マックス・レボバンドのロゴ(この頃から活動していたのか!)

 3.ルーカスフィルムアニメーションのロゴ(エンドクレジット後にジャワが奪い合っていたヤツ)!

 4.オーラベッシュ(『スター・ウォーズ』ギャラクシーでの言語)で、「www.starwars.com」と書かれているスペースも!

 初見、二回目ではわからなかったものもいくつかありました・・・次回見に行った時には要チェックだ!初鑑賞の方でも、ここでチェックしておけば見逃さすことなく、トリビアとして使えるでしょう!

スポンサーリンク
クローン・ウォーズ見どころ・トリビアチェックポイント10
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク