75367 Venator 2023.10.2-2023.12.31
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」ファイナル・シーズン、2月21日に初回3話配信開始!予告編公開

(C)2024 Lucasfilm Ltd.

 「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」シーズン3が、邦題は「ファイナル・シーズン」となってDisney+(ディズニープラス)独占で、初回3話を2月21日(水)に日米同時配信開始となることが発表されました!

 同時に、「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」ファイナル・シーズンの予告編とキービジュアルが全世界で解禁。

スポンサーリンク

「バッド・バッチ」最終章、最後のミッションへ!

(C)2024 Lucasfilm Ltd.

 ジョージ・ルーカスによる「クローンの中にも他と比べてユニークな能力の持ち主がいて、強化されたスキルをもつ特殊部隊のようなものがあるのではないか」というアイデアをもとに、ルーカスからの信頼も厚く、ルーカスフィルムの最高クリエイティブ責任者(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)であるデイヴ・フィローニによって「クローン・ウォーズ」に登場した異端のエリート・クローン部隊、バッド・バッチ。

 そんなバッド・バッチことクローン・フォース99を主人公に描いたアニメーションシリーズ「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」も、ついにシーズン3にてファイナル・シーズンとなります。

 時代設定は『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の最中から始まった「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」。銀河共和国が銀河帝国へと変貌していく中、遺伝子操作によってそれぞれ特化した能力を持つ個性豊かなクローン・トルーパーの部隊であるクローン・フォース99、通称バッド・バッチが新たな生きる道を模索していく旅がシーズン1、シーズン2と描かれていきました。

 リーダーのハンター、怪力のレッカー、頭脳派のテク、元レック(標準的なクローン・トルーパー)のエコー、純粋なクローンであるオメガ、そして帝国軍に対する価値観の違いから袂を分かつこととなったクロスヘアー。銀河の様々な星で卓越したスキルを武器に予想外かつ危険な傭兵としてのミッションに挑む中、バッド・バッチはクローン戦争時代の旧友や新たな仲間たちに出会い、そして時代が変わる中で困難に立ち向かっていきますが、シーズン2で衝撃的な展開を迎えます。

 「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」シーズン1、シーズン2の各エピソードのストーリーやレビューについては、以下のカテゴリーからご参照ください。

「バッド・バッチ」ファイナル・シーズン予告編にアサージ・ヴェントレスが登場!

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』シーズン3|本予告(字幕版)|ついに最終章!『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のその後を描くアニメシリーズ|Disney+ (ディズニープラス)

 解禁された「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」ファイナル・シーズンの予告編では、バッド・バッチのラスト・ミッションの一端が描かれています。

 「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」シーズン1にも登場したパルパティーン皇帝や、「クローン・ウォーズ」シリーズのキャプテン・レックスだけではなく、同じく「クローン・ウォーズ」に登場したアサージ・ヴェントレスが黄色いライトセーバーを持って現れるシーンまで!

 小説「Star Wars: Dark Disciple」にて、「クローン・ウォーズ」以降の運命が描かれているアサージ・ヴェントレス。

 「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」製作総指揮のひとり、ブラッド・ラウはこの新たなアサージ・ヴェントレスのストーリーは「Star Wars: Dark Disciple」と一致するものと語っていますが…

 「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」ファイナル・シーズンの各エピソードの配信スケジュールも公開。

 毎週水曜日に新エピソード配信(3月13日、4月3日に2話同時配信)され、5月1日に最終話が配信。全15話となります!

 「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」の最終章、ファイナル・シーズンは2月21日(水)よりディズニープラスで初回3話独占配信開始。

Disney+dアカウント以外 月間プラン
Hulu | Disney+ セットプラン

関連記事
スポンサーリンク

フォローする