スター・ウォーズ セレブレーション シカゴ 2019 初日現地レポート!

スター・ウォーズ セレブレーション シカゴ 2019

 「スター・ウォーズ セレブレーション シカゴ 2019」が現地時間4月11日(木)に、アメリカのイリノイ州シカゴのマコーミックプレイスにて開催されました!

 初日はパネルイベントのステージは行われず、展示会場のみの開催で、時間も13時〜20時までとプレビュー的な位置付け。

13時のオープンの少し前に会場のマコーミックプレイスに到着すると、大きなメインエントランスが!シカゴの街中には、「スター・ウォーズ セレブレーション」のバナーが下がっており、否が応でも気分が盛り上がります…

 メインエントランスの先には、白いテントに覆われたセキュリティチェックがあり、空港のようなゲートを通過。

 建物内には、すでに入場を待つファンの長い待機列が。

 待機している間も、周りは世界中から集まった『スター・ウォーズ』ファン。コスプレしているファンと写真を撮ったり、初対面で違う国の人たちでも気軽に話をしています!

「スター・ウォーズ セレブレーション」5日間パスのデザインはレイ。公式アプリと連動させます。

 13時を過ぎると、歓声がどこからともなく聞こえてきて入場が始まったことがわかりました。開場してからは、それほど待たされずついに展示開場へ!

 展示会場は、ライセンシー企業や『スター・ウォーズ』グッズを販売するディーラー、ディズニーパークの新テーマエリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」のほか、『スター・ウォーズ』公認アーティストたちのアートショーや、ファン団体のブースなどがひしめいています。

 広大なスペースなので、この記事に掲載されているのがそのすべてではないのですが、各ブースの模様をご紹介します!

スポンサーリンク

新作ドラマシリーズ
「マンダロリアン」撮影使用プロップ

 「The StarWars Show」のステージの前には、新作ドラマシリーズ「マンダロリアン」の撮影に使用された、スピーダーバイクのプロップが展示!

 まだ全容は公式に発表されていない本作からの貴重な展示…一体どんなシーンに登場するのか?

ファンによる巨大セット!

 会場の各所では、Xウィングやタイ・ファイター、帝国軍のアサルト・タンク、ミレニアム・ファルコン船内などの巨大なセットが!来場者は写真撮影を楽しんでいました。

 これらはファンが制作したもの。ファン活動のスケールがすご過ぎる…

ギネス記録のレゴ スター・ウォーズディスプレイ

 36440体ものレゴ スター・ウォーズ ミニフィギュアのストームトルーパーを用いて、大きなストームトルーパーを形作ったレゴ スター・ウォーズの20周年を祝うディスプレイ!

 大量のストームトルーパーが並ぶ様子は壮観です…

 これは、ギネス世界記録となるレゴ スター・ウォーズ ミニフィギュアの世界最大のディスプレイ!

ANA

 STAR WARS JETでおなじみのANAブースでは、ビジネスクラスのシートが体験できる他、キャストサイン入りのモデルプレーンの展示が!

 ブースの写真をSNSに投稿すると、R2-D2プレーンの搭乗証がもらえます。

 「スター・ウォーズ セレブレーション」展示会場前には、『スター・ウォーズ』サーガ全体を描いた巨大なバナーがかかっています。

 左から『エピソード1/ファントム・メナス』から始まり、プリクエル・トリロジー、『ハン・ソロ』と『ローグ・ワン』のアンソロジーシリーズ、アニメシリーズの「反乱者たち」、そしてオリジナル・トリロジー、シークエル・トリロジーまでを収めた、非常に美しく、サーガの壮大さを感じさせる1枚!

 そして、『最後のジェダイ』の隣の一番右端の部分は黒いベールで隠されています!これが明かされた時、このバナーは『エピソード1』〜『9』までを1枚にした絵になるのでしょう…

 まもなく発表される『エピソード9』のトークパネルとともに、この秘密のベールが明らかになるのです…その時は、本当にもうすぐ!

スポンサーリンク
スター・ウォーズ セレブレーション シカゴ 2019 初日現地レポート!
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事