エピソード3、エピ1の興収抜けず

 産経新聞 ENAK CinemaClipより。

「スター・ウォーズ」完結編 割引に苦戦

 今年最大の話題作として公開された人気シリーズの完結編「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(ふくしゅう)」(ジョージ・ルーカス監督)が、興行収入目標を大きく下回り、ほぼ3カ月の日本公開は興収約92億円、観客動員約700万人にとどまった。一方、同時期に公開され、『宇宙戦争、勃発(ぼっぱつ)か』と騒がれたトム・クルーズ主演の「宇宙戦争」(スティーブン・スピルバーグ監督)は約3カ月間上映され、約60億円、約460万人だった。

 エピソード3は、今年6月25日と7月2日に先々行、先行上映され、同9日から全国757スクリーンで全国拡大公開された。公開初日から観客動員50万人、興収7億円という日本国内最高記録を樹立。ルーカス監督が「続編は作らない」と事前に宣言していたため、見納めの「スター・ウォーズ」となり、シリーズ最高の「-エピソード1/ファントム・メナス」(1999年)の持つ興収約127億円は軽く超えるとみられていた。配給の20世紀フォックスも「最終的に1000万人、130億円はいける」と手応えを感じていたほどだ。

 それがふたを開けてみると、100億円にも届かなかった。フォックスは「エピソード1は抜きたかったが、当時と料金設定は違うわけで、現在は割引制度が多くなったこともあり、仕方がない。この数字には納得している」とコメント。定着している「映画の日」割引などが“痛し痒し”の部分もあるようだ。

 エピソード4にあたった第1作「スター・ウォーズ」(77年)から28年。エピソード3は、アナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)が、ダース・ベイダー卿に変貌(へんぼう)するいきさつが明かされ、全六部のエピソードが壮大な物語として完結した。作品については「エピソード4の最初につながっていて非常にドラマチックと評価は高かった。また、これまでの作品はティーンエージャーの女性が弱かったが、今回ばかりは女性の集客が多かった。涙が出たという観客もいたほど」(フォックス)。

 一方、「宇宙戦争」との夏休み対決は、「スター・ウォーズ」に軍配が上がった形だが、洋画が“冬の時代”といわれる中、両作品が飛びぬけた数字であることは確か。映画界を牽引(けんいん)するルーカスVsスピルバーグ作品は今後も目が離せそうにない。

 エピ1超えはならず・・・「料金設定の違い」とありますが、確かにエピ1は高かった・・・

 割引制度により興収が下がったとありますが、まぁ当時よりは毎月1日のサービスデー、レディースデー、マイレージなどが普及したものの、まだ映画は高い!というのが一消費者としての意見です。

 特にスター・ウォーズは何度も見に行くから痛いんだよ!

 それに20世紀フォックスはエピ2の時なんか割引禁止にしてたし(これにより独占禁止法違反で公正取引委員会が調査に入った)、「割引」を敗因にしてしまうと、「割引は儲からない」と業界全体に影響を与えてしまうのでは?それでは映画館に人は集まらないでしょう。

 女性の集客が良かった、というのはいい現象。これはもちろん俳優と、悲劇的な物語が要因でしょう。

スポンサーリンク