エピソード3と「宇宙戦争」を比較

eiga.com [トップ10速報]より。

全国週末興行成績 2005年7月16日&17日

1 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
2 ポケットモンスター・アドバンスジェネレーション
  ミュウと波導の勇者ルカリオ
3 宇宙戦争
4 星になった少年 Shining Boy &Little Randy
5 電車男
6 姑獲鳥の夏
7 フライ,ダディ,フライ
8 バットマン・ビギンズ
9 マラソン
10 恋する神父

 シスの復讐が2週連続1位!日本映画興行界も夏、な感じですね。これからがかき入れ時!
 MYCOM PC WEBに「スター・ウォーズ」と「宇宙戦争」の共通点に関する考察があります。

 「すべてを明かさない」ことを選んだスピルバーグの「宇宙戦争」と、「すべてを明かす」ことを選んだルーカスの「エピソード3」。最新のSFX技術やCGテクノロジーを駆使して製作された、文字通り「宇宙規模」の壮大なスケールをもったこの2作品は、真逆の方法論によって描き出されているが、この二人の巨匠は、いずれも最終的に「個人」、それも子を持つ「父」の姿を描いているのだ。

 と、しています。宇宙戦争未見なのでなんとも言えないのですが、宇宙人版プライベートライアンになっていたのでしょうか・・・  
 関係ないですが、エピソード3のキャッシークの沿岸にドロイド軍が上陸するシーンはプライベートライアンのオマハビーチ上陸作戦を彷彿とさせました。
 海外の雑誌では「Saving Private Wookie」と書かれたらしい・・・

スポンサーリンク
エピソード3と「宇宙戦争」を比較
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク