エピソード1関連小説、竹書房より再販

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス (竹書房文庫)

 竹書房より。

 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス3D』の公開に合わせて、これまでソニー・マガジンズから発売されていた『エピソード1/ファントム・メナス』関連のノベライズ、スピンオフ小説が、新三部作前まで『スター・ウォーズ』書籍を多く発売してきた竹書房から再発売されます。

 まず、映画のノベライズ「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」。

 そして、『エピソード1』直前を描いたスピンオフ小説「スター・ウォーズ ダース・モール 闇の狩人」と「スター・ウォーズ 偽りの仮面」。

スポンサーリンク

スター・ウォーズ
ダース・モール 闇の狩人

スター・ウォーズ ダース・モール 闇の狩人 (竹書房文庫)

 「スター・ウォーズ ダース・モール 闇の狩人」のストーリーは、ダース・シディアスが通商連合を使ったナブー侵攻、銀河系征服計画が記されたホロクロンが、これを売ろうとする通商連合の裏切り者、ハス・モンチャーの手によって持ち出され、その情報を知った者を、口封じのため皆殺しにすべく送りこまれたダース・モールを描くもの。

 情報を買う予定だったブローカーのローン・パヴァーンと、偶然出会った2人のジェダイは、コルサントの地下世界を舞台にダース・モールとの壮絶なチェイスを繰り広げる・・・

 シスの抹殺者と化したダース・モールが事実上の主役で、「神に逢うては神を斬り、仏に逢うては仏を斬」るような、秘密を知った可能性のある者は皆殺し!な暗殺行脚と、ダース・モールという恐怖に、知恵や勇気で対抗するローン・パヴァーン達の追跡劇がとてもエキサイティングな作品。

 影の特訓の様子や、自身のライトセーバーを作った回想など、ストイックなダース・モールの過去も知ることが出来るので、ダース・モールファンは必携でしょう。

 また、ローン・パヴァーンはジェダイに対して良い感情を持っておらず、「ジェダイは一般の目から見れば、生まれたばかりの子供をさらうカルト」であることが描かれ、ジェダイへの批判を作品中で見ることも当時新鮮でした。

スター・ウォーズ 偽りの仮面

スター・ウォーズ 偽りの仮面 (竹書房文庫)

 「スター・ウォーズ 偽りの仮面」は、通商連合とテロリストの対立を発端に、通商サミットの会場で計画されるヴァローラム最高議長の暗殺計画を追うクワイ=ガンとオビ=ワンのストーリー。

 政治劇と陰謀がちょっと複雑な『エピソード1』の背景を知る上での副読本的なスピンオフ小説です。これを読めば、『エピソード1』に至るまでのパルパティーンの壮大で精微かつまどろっこしい陰謀の仕組みの一端が見えます。

 また『エピソード2』に先駆けて、円になってライトセーバーを振るうジェダイの集団戦が見られることが、当時興奮しましたね。映画のメインキャラクター達が主人公なので、スピンオフ初心者にもとっつきやすいはず。

 さらに、「ダース・モール 闇の狩人」と「偽りの仮面」はほぼ同じ時間軸で、お互いに補完し合う関係なので、『エピソード1』のノベライズと3冊合わせて読むことをおすすめします。

 発売日は、いずれも2月29日。スピンオフ小説2冊は、以前ハードカバーで出ていましたが、初めての文庫化。

 『エピソード1』公開以降に『スター・ウォーズ』にハマった方は、より世界観を楽しめるので、良い機会になるかと思います。スピンオフ本コレクターは、表紙次第でしょうか・・・