最高の三部作映画33に『スター・ウォーズ』選出

 eiga.comより。

 イギリスの映画雑誌Empireが、読者投票により決定した「史上最高の三部作映画33」を発表し、第2位に『スター・ウォーズ』旧三部作、第15位に新三部作がそれぞれ選出されました。

 『スター・ウォーズ』は六部作通じてひとつの話というのは当然理解した上で、三部作映画なので同じシリーズといえど、旧三部作と新三部作は別物扱いしているのが興味深い。多くの人が『スター・ウォーズ』といえば旧三部作の方が真っ先に思い浮かぶため、新三部作よりも旧三部作の方が上位なのでしょう。制作年度も古いですし。

スポンサーリンク

1位は『ロード・オブ・ザ・リング』三部作、
ケビン・スミスの「ジャージー三部作」も

 1位は『ロード・オブ・ザ・リング』三部作。原作小説も三部作構成で、『スター・ウォーズ』にも影響を与えています。映画自体の出来もすばらしく、これは文句ない選出!

 他にもおなじみの三作以上続いたシリーズ映画が続々と。ジョージ・A・ロメロの「ゾンビ」シリーズは最近の『ランド・オブ・ザ・デッド』、『ダイアリー~』、『サバイバル~』は入れないのかい、など人それぞれ感想はあるでしょうね。

 『スター・ウォーズ』好きで『ファンボーイズ』にもカメオ出演、自作に『スター・ウォーズ』ネタを入れているケビン・スミスの「ジャージー三部作(『クラークス』、『モール・ラッツ』、『チェイシング・エイミー』)」なんかも入れているのはさすが映画ファンの読む雑誌。

スポンサーリンク
最高の三部作映画33に『スター・ウォーズ』選出
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連記事