75367 Venator 2023.10.2-2023.12.31
本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

「スター・ウォーズ:アソーカ」本予告編&キービジュアル解禁!邦題は更新、初回2話配信に

(C)2023 Lucasfilm Ltd.

 Disney+ (ディズニープラス)オリジナルドラマシリーズ最新作「アソーカ」の邦題が「スター・ウォーズ:アソーカ」に更新され、本予告編とともにアソーカが白いライトセーバーを構えるキービジュアルが発表されました!

 さらに、2023年8月23日(水)の配信開始時には初回2話が配信されることも発表となりました。

スポンサーリンク

「スター・ウォーズ:アソーカ」のストーリーがよりわかる予告編!

スター・ウォーズ:アソーカ | 本予告 | Disney+(ディズニープラス)

 解禁された「スター・ウォーズ:アソーカ」本予告は、圧倒的なフォースとオレンジのライトセーバーで新共和国の兵士たちをなぎ倒す新たな悪役、ベイラン・スコールの姿が冒頭に登場。ルーカスフィルムのロゴも赤く染まっています。

 帝国の後継者とされるスローン大提督を見つけることが出来れば、想像も出来ないほどの力を得られると言うベイラン・スコール。

 新たな戦いが迫る中、これまで戦いに身を投じ続けてきた新共和国軍の将軍ヘラ・シンドゥーラは戦争を避けるべく、アソーカ・タノと再会。

 さらにアソーカは、かつての仲間でマンダロリアンであり、「スター・ウォーズ 反乱者たち」ではともに旅立つことになったサビーヌ・レンにも会うことに。

 アソーカから「私は道半ばでアナキンから離れた」とアナキン・スカイウォーカーに言及したことも注目ですが、アナキンの元からアソーカが去ったのと同じように、アソーカはサビーヌ・レンからも去ったと語っています。

 アソーカを「マスター」と呼ぶサビーヌ。「スター・ウォーズ 反乱者たち」の後、2人には一体何があったのか…

(C)2023 Lucasfilm Ltd.

 さらに、元ジェダイであるベイラン・スコールがライトセーバーでアソーカと戦う際に「アナキンが褒めていた」と告げる際に、ダース・ベイダーの呼吸音もわずかに聞こえます!

 ベイラン・スコールとアナキン・スカイウォーカー、あるいはダース・ベイダーとの関係が明かされるかという点にも注目です。

 髪を切り、「スター・ウォーズ 反乱者たち」での描写そのままなロザルの仲間たちの絵を見るサビーヌや、ついに実写版での姿を表したスローン大提督、新共和国を憂うようなモン・モスマのほか、「クローン・ウォーズ」に登場したライトセーバー制作の教授であるアーキテクト・ドロイド、ヒュイヤン、またアソーカと戦う尋問官など、「スター・ウォーズ:アソーカ」はシリーズを通して様々なお楽しみを用意していることがわかる予告編です。

 ロザルをサビーヌがスピーダー・バイクで疾走する際に登場する、ケナーのR2-D2のアクションフィギュアそっくりなデザインのアストロメク・ドロイドなど、本編開始前から『スター・ウォーズ』というカルチャー自体から影響を受けたデザインも見受けられ、本編でも様々な形でオマージュが描かれるかどうか、期待したいところ。

 「スター・ウォーズ:アソーカ」の製作総指揮は、ジョージ・ルーカスから直接「スター・ウォーズ」のアニメーションシリーズ作品の制作を任された人物であり、「スター・ウォーズ セレブレーション・ヨーロッパ」で発表された新作映画3本全ての製作総指揮となっているデイヴ・フィローニが務めます。

 「アソーカ」は2023年8月23日(水)より、Disney+ (ディズニープラス)にて独占配信開始。

Disney+dアカウント以外<月間プラン>
Disney+ (ディズニープラス)
月間プラン登録はこちら

Disney+dアカウント以外の申込<年間プラン>
Disney+ (ディズニープラス)
年間プラン登録はこちら

関連記事
スポンサーリンク

フォローする