配信番組「カウントダウン『スター・ウォーズの日』2021」に出演させて頂きました

スター・ウォーズの日 2021

 先日5月4日(火・祝)の「スター・ウォーズの日」に、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社により開催されたオンラインイベント「“STAR WARS DAY” 2021- MAY THE 4TH BE WITH YOU-」のLIVE配信番組「カウントダウン「スター・ウォーズの日」2021」に出演させて頂きました。

 私は番組内にて、午後5時4分のTwitterへの「#フォースと共にあらんことを」をつけた一斉投稿チャレンジ終了後、この日にディズニープラスで配信開始となった「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」紹介コーナーにて、MCのDJ TAROさん、坂本麻子さん、ゲストの麒麟・川島さん、ミキの昴生さん、そして『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の日本語吹き替え版にミンバンにいる帝国軍兵役でカメオ出演された亜生さんに、本作の見どころをお話させて頂きました。

 いつも『スター・ウォーズ』レッドカーペットイベントなどでMCを務められているTAROさんは言わずもがな、錚々たる面々と『スター・ウォーズ』のお話が出来まして光栄でした!

スポンサーリンク

収録スタジオにはチョークアート作品も!

スター・ウォーズの日 2021

 「カウントダウン「スター・ウォーズの日」2021」をお届けした収録スタジオには、「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」のキービジュアル、そしてマンダロリアンとザ・チャイルドのイラストが飾られていました。

スター・ウォーズの日 2021

 これらのイラストは、黒板に描かれたチョークアートなのです!

最後のスター・ウォーズ展

 これらの作品は、2019年末に日テレホールで開催されていた「最後のスター・ウォーズ展」に展示されていた作品も手掛けられた河野真弓さんによるもの!ぜひ多くのファンの方々に間近でご覧頂きたい作品でした。

 「カウントダウン「スター・ウォーズの日」2021」の前半部分では、『スター・ウォーズ』コスチューム団体の方々もオンラインで登場し、カウントダウンを盛り上げていまして、同じ番組内でもう1年以上会えていない『スター・ウォーズ』仲間の方々とご一緒出来たのは喜ばしいことでした。お元気そうでよかった!

 出演させて頂きました「カウントダウン「スター・ウォーズの日」2021」、また当日14時に配信された「クイズ みんなの「スター・ウォーズの日」2021」は、2021年5月31日(月)までアーカイブ配信がご覧頂けます。

 これらの2021年「スター・ウォーズの日」オンライン番組を見て、ザ・チャイルドを探して答えをツイートされた方の中から抽選で賞品がプレゼントされる「ザ・チャイルドの日」キャンペーンも、5月16日(日)23:59まで実施されています!

2021年の「スター・ウォーズの日」の過ごし方

STARWARS POP UP STORE

 さて、2021年の「スター・ウォーズの日」の過ごし方ですが、こちらの収録の 後はJR池袋駅東口で期間限定開催の「STARWARS POP UP STORE」に立ち寄ってきました!こちらは5月23日(日)まで開催予定とのことです。

UNBUILT TAKEO KIKUCHI スター・ウォーズ

 この日の出で立ちは、「スター・ウォーズの日」ということでジャケットとパンツはUNBUILT TAKEO KIKUCHI(ルーク・スカイウォーカーイメージのジャケットの裏地を、緑のライトセーバー柄にカスタマイズ)に「MAY THE 4TH BE WITH YOU」ピンバッジを付け…

スター・ウォーズの日 2021 限定Tシャツ

 TシャツはshopDisney(ショップディズニー)の2021年「スター・ウォーズの日」限定デザインTシャツを着用。

POZU STAR WARS

 他にも腕時計はUNDONEのR2-D2モデル、履いていた靴はオーラベッシュが全体にデザインされたPOZUのシューズと、身に付けるものをすべて『スター・ウォーズ』で固めました(見えませんし見えたら大変ですが、実は靴下はTAKEO KIKUCHI、下着はGAPの『スター・ウォーズ』アイテムでした)!

 そして「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」第1話も鑑賞し、締めくくりとなる夜にはファンにより行われた生配信イベント「カンティーナジャパン2021」の方にリモートでお邪魔させて頂きました。

 2020年に引き続き、オンラインイベントで楽しむ形となった「スター・ウォーズの日」。地域を問わずに参加出来る形となったのは大きな利点ですし、「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」という新作『スター・ウォーズ』が日本でも世界同時で「スター・ウォーズの日」に鑑賞出来た記念すべき日でした。

 来年以降、この2年の間に起きたオンラインイベントの流れも取り入れながらも、初夏の心地よい陽気の中で大勢のファンが実際に会えるような「スター・ウォーズの日」も、再びやってくることを願っています。