「私はC-3PO」邦訳版刊行!アンソニー・ダニエルズが『スター・ウォーズ』の舞台裏を振り返る自伝

私はC-3PO

 C-3POを演じたアンソニー・ダニエルズによる著書「私はC-3PO」が、日本にて刊行されます!

 原書は、2019年11月に出版された「I Am C-3PO: The Inside Story」。

 『スター・ウォーズ』映画シリーズ全作に出演した唯一のキャストであるアンソニー・ダニエルズが、ジョージ・ルーカス、そしてラルフ・マクウォーリーによるコンセプトアートを初めて見てC-3POと出会ってから、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でスカイウォーカー・サーガが完結するまでの、C-3POを演じた舞台裏がつづられた自伝です。

スポンサーリンク

アンソニー・ダニエルズが『スター・ウォーズ』シリーズの舞台裏を振り返る

 3月2日(月)には、アンソニー・ダニエルズのTwitterアカウントにて、「私はC-3PO」の日本語翻訳版のカバーが公開されていました。

 邦訳版の刊行が発表される前に、著者自身によってその存在とともにカバーデザインを電撃公開され、驚かされました!

アンソニー・ダニエルズ

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』レッドカーペット・イベントにて

 「私はC-3PO」では、ジョージ・ルーカスやJ.J.エイブラムスらとの制作体験や、アレック・ギネスといった伝説的なキャストとの共演なども振り返られるほか、『スター・ウォーズ』シリーズの各シーンごとの撮影での出来事が書かれており、これまで明かされていなかったエピソードを多数収録。

 序文は、J.J.エイブラムス。

アンソニー・ダニエルズ

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』レッドカーペット・イベントにて

 『スター・ウォーズ』の出演者が、オフィシャルな『スター・ウォーズ』書籍を出版するのは「私はC-3PO」が初めてとのことで、ジョージ・ルーカスがアンソニー・ダニエルズのC−3PO役の役作りのために『2001年宇宙の旅』のフィルムを借りて上映会を開いたエピソードなど、『スター・ウォーズ』に欠かせない要素とも言えるC−3POと、ドロイドに命を吹き込んだアンソニー・ダニエルズのはじまりから今までが収められています。

 スカイウォーカー・サーガが完結した今だからこそ読みたい一冊となるでしょう。

 出版は世界文化社。価格は2300円(税別)で、発売日は3月26日(木)。

スポンサーリンク
「私はC-3PO」邦訳版刊行!アンソニー・ダニエルズが『スター・ウォーズ』の舞台裏を振り返る自伝
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事