実写TVドラマ情報まとめページ

 「スター・ウォーズ」実写TVドラマ情報のまとめページです。新たな情報が入り次第、追加していきますのでチェックしてみて下さい。
 コメント欄には予想や希望、タレコミ情報など、実写TVドラマに関するあれこれをお書き下さい。

○シリーズ構成

・リック・マッカラムによると、放送時間が約100時間という壮大なテレビシリーズになる。

・少なくとも100話であって、好評であればそれ以降の展開もあり。

・1話あたりのランニングタイムは1時間。

・非常にダークで、キャラクターを重視したものになり、ファンが新三部作に対して常に求めていたようなものになるという。

・「エピソード1」ではTVシリーズ「ヤング・インディ・ジョーンズ」で培った技術を使用し、コンピュータのレンダリング速度もますます速くなっているので、TV版は映画そのままの映像で作られる。

・通常、2000万ドルから3000万ドルかかるところを、100万ドルで制作する予定。

・誰もが電気屋さんで買えるような、ソニーのデジタルカメラで撮影される。

・2006年1月より作業開始、主要撮影はオーストラリアで行われる。

・脚本やその他を全て仕上げるまでに、おそらく(2006年3月の時点で)1年半はかかる。

・脚本執筆は2006年の終わりに始まり、撮影開始は2007年の終わりになる。

・2008年撮影開始予定。

・「ニューヨークトイフェア2007」のハズブローブースで、2009年に公開されるというポスターが展示された。

・TV放送のみならず、iPodでの配信の可能性も。

○スタッフ

・2005/9/15付のIGNによれば、ルーカス・フィルムはTVシリーズの脚本家を探しているとのこと。
 
・2006年3月の時点で、数名の脚本家を獲得している。

・2007年中頃に入っても、サンタモニカにてマッカラムが脚本家達と面接したとのこと。脚本家の中には、「バトルスター・ギャラクティカ」や、「LOST」、「Heroes」で仕事をした者もいる。

・ルーカス本人も100話執筆することを承諾。

○時代設定

・エピソード3と4の間。

○登場キャラクター

・映画版の主役クラスのキャラクターには触れず、マイナーキャラクターに焦点を当てる。

・賞金稼ぎたちを中心としつつも、その他の要素が含まれることも示唆。

・全て新キャラクターで、おそらく何人かはシリーズ初登場の賞金稼ぎになる。

・主役キャラクターは、これまでのシリーズで登場したキャラクターの模様。つまりTVドラマオリジナルキャラではないということ。

・ルークやハン、シス卿などのメインキャラは名前だけ登場。

・TheForce.netの情報によると、「Star Wars Republic」を書いているダン・パーソンズが、オーダー66が描かれる「Republic #83」でクインラン・ヴォスを死なせないでくれ、とルーカス本人から頼まれたとのこと。
 クインラン・ヴォスがTV実写ドラマで登場することへの布石か?

・「ニューヨークトイフェア2007」のハズブローブースで展示されたポスターには、ボバ・フェットのビジュアルが使われていた。

【関連記事】SW実写TVドラマ化(2005/5/6)|TVシリーズ、脚本家求む(2005/9/19)|スター・ウォーズ新シリーズについて(2006/2/16)|実写TVドラマにクインラン・ヴォス登場か(2006/2/18)|実写TVドラマについて続報(2006/3/17)|TVシリーズ追加情報(2006/3/20)|リック・マッカラムインタビュー映像(2006/5/14)|トイフェア2007で3Dアニメ版SW画像公開!(2007/2/14)|実写TVドラマ、脚本家募集中

関連記事
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク