Razor Crest – 31.12.2022

デス・スター作戦会議室7体パック

 Entertainment Earth限定の「7体パック デス・スター ブリーフィングルーム」がタカラトミーから日本でも正規発売されます。
 これは、『新たなる希望』のデス・スター作戦会議室に集まったダース・ベイダーと帝国軍将校達の7体がセットになっているもの。TheForce.Netに画像が掲載されています。

 セットされているのはベイダー、グランドモフ・ターキン、ベイダーに首を絞められたモッティ提督、タッグ将軍、バスト参謀長、カス参謀、そしてウルフ・ユレイレン大佐。

 帝国軍ホロテーブルを囲ませたくなるような、マニアックなパック!チョイ役エイリアンのフィギュアは出尽くした感がありますが、帝国軍や反乱軍将校に目を向ければ立体化されていないキャラは多いはず(キャベル中尉とかレノックス艦長とか)。今後はこのあたりから発掘してくるのでしょうか。

 本国では2月に発売、アマゾンでは3月下旬に発売で現在予約受付中です。

関連記事
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. summer2005 より:

    投稿者:summer2005 2006/11/22 23:11
    >マルホランドさん
    ありがとうございます!
    そうおっしゃって頂けると非常に励みになります!

    セレクションがかなりマニアックなのでいいですよね。カス参謀以外はよく知ってる顔ですが・・・

    ライトセイバー装備のトルーパーはラルフ・マクォーリーの初期コンセプトアートのフィギュアですね。トルーパーが白兵戦やるという設定で描いたものですが、実際映像になったものを想像すると楽しいですよね!立体化もかなり期待できます!

    http://star.ap.teacup.com/summer2005/

    投稿者:マルホランド 2006/11/21 23:29
    お久しぶりです。
    変わらずコンスタントに更新されているので、感心しながら見ています。こうれからもがんばってください!
    これはかなりマニアックなパックで良いですね、そそられます。
    ハスブロはかなりのキャラクターを商品化していますが、まだまだやれることはあるのでしょうね。これから30周年に向けてどんなキャラが出てくるのか楽しみです。
    (個人的には30周年記念フィギュアシリーズのライトセイバーを持つストームトルーパーのコンセプトアートが気になります)