データイースト製SWピンボール

 旅先には思わぬ出会いがあるもの。旅の途中で出会う人のやさしさだったり、遠い記憶の片隅からふと見つけ出した大切な思い出だったり・・・
 先日、旅行先の某宿泊地でそんな出会いがありました。

 まぁ、僻地のホテルにはイイ感じのゲーセンがあったりするのでちょっと散策していたら・・・

 10年振りの感動の再会を果たしました。


 ス、『スター・ウォーズ』のピンボールだ!

 最後にプレイしたのは10年以上前だと記憶している。ピンボールがゲーセンから消えて久しいこの時代に・・・こんな所でまた出会えるとは!
 もう、あっと言う間にテンション上がりまくり!ホントに旅先には素晴らしい出会いがあるものだなぁ!(こんな出会いで喜ぶのは一部の人だけでしょうが)

 今は亡きデータイースト製。調べてみたら1992年のものだそうです。題材は旧三部作全作から。

 アートはアメコミ風でかっこいい!いろんな部分に名シーンやキャラが描かれているので見ているだけでも飽きない!

 スピーカー部分がデス・スターのデザインになっています。

 側面は反乱軍の戦闘機群と、ルークの手ににぎられたライトセーバー。

 ルール説明の用紙。フィーチャー(役)を完成させると高得点になります。どれも『スター・ウォーズ』にちなんだものばかり!

 ピンボールマシンの中のR2。ゲーム中の展開によって頭をグルグル回したりと様々なアクションを見せてくれます。

 ディスプレイ画面には、役に応じて『スター・ウォーズ』キャラが登場。カンティーナバンドやベイダー、ヨーダ、タイ・ファイターとXウィングのドッグファイトなどが映画の効果音と共に現れる!
 ディスプレイを使ってゲームをする場面も多く、一番初めにボールを打つスキルショットでは、タイ・ファイターを射撃!ゲームオーバー時にはオビ=ワンが「May the Force be with you」とありがたいお言葉をかけてくれます。

 コイン挿入口とスタートボタン。右側の操縦桿に模したレバーについている赤いボタンでボールを打ちます。このボタンは、ディスプレイにストームトルーパーの軍団が現れたときに連射してトルーパーを倒す、という時にも使われます。ボールにも集中しなきゃいけないのにディスプレイも見なきゃで忙しい・・・ 

 デス・スターの中に入れるとボールが3つのトライボール状態に。地味にボバとIG-88が描かれていますね。

 細かい所にも色々なキャラが。やはりアートワークがかっこいい!

 というわけで、もちろん宿泊中は何度も遊びました!ここでしか出来ない気がして・・・他にも設置されている所があるのでしょうか。
 また、調べてみたら『エピソード1』のピンボールもあることを初めて知りました。お近くにデータイースト版か『エピソード1』のピンボールがある!という方はお教え下さい。あ、あと『ジュラシックパーク』のピンボールもご存知の方がいればご一報を!
 今回の場所を知りたい方はメッセージを下さればお教えします。

 いつかはこのピンボールを家に置いて毎日遊びたいなぁ・・・

スポンサーリンク
データイースト製SWピンボール
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク