実写TVドラマ、脚本家を招集?

 Entertainment Weeklyより。

 実写TVドラマ版『スター・ウォーズ』の制作のために、ルーカスが来週にもロサンゼルスを訪れ脚本家たちとミーティングを持つ予定だと、このプロジェクトに詳しいエージェントが明かしたとのこと。

 ルーカスのプランでは、何人かのフリーの脚本家とともに、11月に約1週間スカイウォーカー・ランチで実写TVドラマ版『スター・ウォーズ』シリーズのストーリーのアイデアを出していく模様。

 さらにこのエージェントによると、ルーカスはアメリカ国外の脚本家も雇いたい意向があるそうな。もしかして、日本からもチャンスが?集められた脚本家たちはその後、最初の13エピソードのストーリーを書く予定。

 ルーカスが2006年2月はじめに、ハリウッドの脚本家を募集し始めた時、ルーカスの当初の意図はTV局と契約する前に26エピソードを製作することだったそうな。

 着々と進行はしているようですが、脚本をこれから書き出してどのくらいに決定稿が出来るかを考えると、撮影はまだまだ先でしょうね・・・

スポンサーリンク
実写TVドラマ、脚本家を招集?
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク