『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』日本語版ノベライズ8月12日発売!ジュニアノベルは9月刊行

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け (講談社文庫)

 講談社より、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』日本語版ノベライズが8月12日(水)に刊行されます。

 アメリカでは、2020年3月に発売された『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ノベライズが、この夏ついに邦訳小説の発売となります。

スポンサーリンク

映画にはないシーンが多数描写!

 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ノベライズの著者は、『エピソード4/新たなる希望』公開40周年を記念して刊行された「Star Wars: From A Certain Point of View」や『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場したカント・バイトについての「Canto Bight」といったアンソロジー小説の一篇を書いたほか、「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 最重要指名手配」のレイ・カーソン。

 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』小説版には、映画にはないシーンが多数描写されているので、『スカイウォーカーの夜明け』という作品を映画とは異なる角度からより理解出来る一冊に。

 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ノベライズの価格は1,078円(税込)。電子書籍のKindle版の価格も同額となります。

『スカイウォーカーの夜明け』ジュニアノベルは9月18日刊行

 また、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ジュニアノベルも9月18日(金)に講談社のディズニーストーリーブックより刊行予定。こちらは海外では4月に刊行されたもので、著者は『フォースの覚醒』、『最後のジェダイ』のジュニアノベルを手掛けたマイケル・コッグ。マイケル・コッグは、これでシークエル・トリロジー全作のジュニア小説の著者となりました。

 ジュニアノベルの価格は990円(税込)。

 ジュニアノベルは夏休みの読書感想文には間に合いませんが、一般のノベライズは8月の発売なので、宿題がある方もない方もこの夏に『スカイウォーカーの夜明け』を活字で振り返ることが出来ますね。