『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ドルビーシネマ上映劇場一覧

ドルビーシネマ

 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が鑑賞出来る、全国のドルビーシネマ上映劇場をまとめてご紹介!

 ドルビーシネマとは、鮮明な色彩と幅広いコントラストのHDR(ハイダイナミックレンジ)映像のドルビービジョンと、立体音響のドルビーアトモスの両方を備えた上映システム。上映技術だけではなく、インテリアや座席などの劇場内の空間デザインも最適化されたシアターとなる点も特徴です。

 海外では、2018年公開の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』がドルビーシネマにて上映されていましたが、当時の日本にはドルビーシネマ上映劇場はありませんでした。しかし、この1年ほどでドルビーシネマ導入劇場が日本国内に5ヵ所オープンし、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は日本でもドルビーシネマで楽しむことが出来るように。

 『スター・ウォーズ』は、様々な特殊上映でその違いを体験するのも楽しみ方のひとつ。

 この記事では、ドルビーシネマの概要と全国の5つの導入劇場をご紹介します!

スポンサーリンク

ドルビーシネマとは

ドルビーシネマ

 ドルビーシネマは、映画の制作者の意図を劇場内で忠実に再現し、観客が完全に映画へ没入する究極のシネマ体験を目指したフォーマット。HDR映像技術のドルビー・ビジョン、立体音響技術のドルビー・アトモス、そして映画鑑賞に最適化されたシアターデザインという3つの要素で構成されています。

ドルビービジョン

 ドルビービジョンは、色彩と幅広いコントラストを表現したHDRの映像を再生させる仕組み。映画の暗いシーンはより暗く、明るい箇所は鮮やかに表現し、製作者の意図を忠実に再現します。

 映像の明暗の差を示す指標であるコントラスト比は、従来フォーマット(2000:1)の500倍となる100万:1というハイコントラストを実現。

 これにより、ドルビーシネマは映画館内で「本当の黒」を体感出来ます!これまで、劇場内で「黒」だと思っていたものが、実際には若干の白みがあるものであったことをドルビーシネマを見れば実感します…

 レーザー光源は2台のドルビービジョン プロジェクションシステムを採用しており、輝度と色彩が大きく広がっています。

ドルビーアトモス

 立体音響技術のドルビーアトモスは、音声オブジェクトと天井スピーカーという革新的な技術を採用しており、音を上下左右の様々な場所から響かせます。

 劇場内の3次元空間を音が縦横無尽に移動することで、映画の中に入ったかのような感覚で作品に没頭出来る音響となっています。

シアターデザイン

 そして、ドルビーシネマ導入劇場は専用のシアターデザインとなっているのも特徴のひとつ。

 シアター内はドルビーブルーと呼ばれる青いLEDライトのみが光り、壁や天井に設置されたスピーカーも音響透過布で覆い、可能な限り見えないように配慮され、観客が作品のみに集中・没入できる環境を作り上げています。

 ドルビービジョンのために、スクリーンへの反射がないよう座席、カーペット、手すりなどの劇場内のインテリアは黒の艶消しにしているほどのこだわりよう。

 また、ドルビーシネマのシアター入口には上映作品をイメージした専用映像を投射するAVP(オーディオ・ ビジュアル・パスウェイ)もあり、上映前の期待感を高めています。

ドルビーシネマ

 私も、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は鑑賞前なのですが『ボヘミアン・ラプソディ』をドルビーシネマで鑑賞しました。

 音楽映画ということもあり、クライマックスのライブシーンでは楽曲はもちろん、観客の歓声が周囲を包み込みような感覚でしたし、本編上映前のドルビーシネマのデモ映像や、暗いシーンでは「本当の黒」の意味を理解出来ました!

 合わせて、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』はドルビーシネマ2Dとドルビーシネマ3Dが用意されており、それぞれの違いも楽しみたいところです。

ドルビーシネマ導入映画館

東京都のドルビーシネマ導入映画館

丸の内ピカデリー

 東京・有楽町の丸の内ピカデリーは、丸の内ピカデリー3をリニューアルし、2019年10月4日よりドルビーシネマを導入しました。

 丸の内ピカデリーというと、有楽町マリオンの9階の丸の内ピカデリー1・2イメージもあるかと思いますが、マリオン別館5階の丸の内ピカデリー3の方が、ドルビーシネマ導入劇場となります。

 日劇が2018年に閉館して1年半が過ぎ、再び有楽町マリオンで『スター・ウォーズ』が素晴らしい視聴環境になって見られることに!

 それにしても、シネコンが全盛になってブロックチェーンというものはなくなったわけですが、松竹東急系の丸の内ピカデリーで『スター・ウォーズ』が上映されるとは、やはり意外な感じがします…

ドルビーシネマ導入シアター/座席数

●導入シアター:有楽町マリオン別館5F・DOLBY CINEMA
●座席数:255席(車いす2席)

ドルビーシネマ料金

一般:2500円
大学生:2100円   
高校生:1600円
中学生・小学生・幼児:1600円

※ドルビーシネマ3D上映は、上記に一律+400円

丸の内ピカデリー アクセス

 JR有楽町駅銀座口・東京メトロ銀座駅C4出口より徒歩1分と、各駅からのアクセスは非常に良いです。

 車の場合は首都高速銀座出口から約1kmとなり、有楽町センタービルに駐車場には153台が停めれます(自転車・バイクなどの駐輪場所はなし)。

東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン別館5F

埼玉県のドルビーシネマ導入映画館

MOVIXさいたま

 埼玉県のさいたま新都心の商業施設であるコクーンシティのコクーン1にある映画館がMOVIXさいたまで、2019年4月にドルビーシネマを導入しました。

ドルビーシネマ導入シアター/座席数

●導入シアター:スクリーン11
●座席数:292席(車いす:2席)

ドルビーシネマ料金

一般:2300円
大学生:2000円   
高校生:1500円
中学生・小学生・幼児:1500円

※ドルビーシネマ3D上映は、上記に一律+400円

MOVIXさいたま アクセス

 電車では、JR京浜東北線・宇都宮線・高崎線のさいたま新都心駅 東口から直接コクーンシティへ行くことが出来、駅からすぐのアクセスです。また、JR埼京線の北与野駅からは徒歩8分。

 車の場合、国道17号から東西大通りを新都心地下道経由で直進。または、産業道路や旧中山道からの道もあります。
 
埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目267番2号 コクーンシティ コクーン1 2F

愛知県のドルビーシネマ導入映画館

ミッドランドスクエアシネマ

 名古屋駅前にある映画館で、2019年12月20日(金)にドルビーシネマが導入されました。そう、オープニング作品は『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』!出来たばかりのドルビーシネマで、『スター・ウォーズ』を楽しめます。

ドルビーシネマ導入シアター/座席数

●導入シアター:Sc5 DolbyCinema
●座席数:163席(車いす:2席)

ドルビーシネマ料金

一般:2400円
大学:2000円
高校生:1500円
中学生・小学生・幼児:1500円

※ドルビーシネマ3D上映は、上記に一律+400円

ミッドランドスクエア シネマアクセス

 電車の場合、JR名古屋駅からは桜通口より徒歩約5分。名鉄名古屋駅は中央改札口より徒歩約3分、近鉄名古屋駅は正面改札口より徒歩約3分、地下鉄名古屋駅からは東山線南改札口より徒歩約1分と、足を運びやすいロケーションです。

 車の場合、名古屋高速都心環状線錦橋出口より約10分。

 ただ、スクリーン1~7とスクリーン8~14の場所は異なりますのでご注意を。ドルビーシネマが導入されているのは、ミッドランドスクエア5階の方となります。

スクリーン1~7:名古屋市中村区名駅四丁目7番1号 ミッドランドスクエア5階
スクリーン8~14:名古屋市中村区名駅四丁目11番27号 シンフォニー豊田ビル2階

大阪府のドルビーシネマ導入映画館

梅田ブルク7

 大阪の中心地である梅田にある梅田ブルク7は、2019年6月28日にドルビーシネマを導入しました。

ドルビーシネマ導入シアター/座席数

●ドルビーシネマ導入シアター:シアター1
●座席数:376席(車いす:2席)

ドルビーシネマ料金

一般:2300円
大学生:2000円
高校生:1500円
中学生・小学生・幼児:1500円(1900円)

※ドルビーシネマ3D上映は、上記に一律+400円

梅田ブルク7 アクセス

 電車では、JR大阪駅中央南口より、大阪駅前交差点の横断歩道を渡り阪神百貨店方面へ、阪急梅田駅からはJR大阪駅方面へ進み、阪神百貨店の南側・大阪駅前第4ビルの北側に梅田ブルク7があります。
 
 御堂筋線梅田駅からは南改札を出て直進、阪神百貨店(スナックパーク)方面へ。

 車の場合は、大阪駅方面からは御堂筋の阪神前交差点を右折して、大阪駅前交差点を左折してすぐ、また淀屋橋方面からは四ツ橋筋を北上し、桜橋交差点を通過後、ヒルトン大阪の手前の信号を右折して、すぐとなります。

住所:大阪府大阪市北区梅田1-12-6 E-MA(イーマ)ビル7F

福岡県のドルビーシネマ導入映画館

T・ジョイ博多

 福岡県・博多にあるT・ジョイ博多は、2018年11月に日本で初めてドルビーシネマを導入した映画館です。

ドルビーシネマ導入シアター/座席数

●ドルビーシネマ導入シアター:シアター9
●座席数:346席(車いす:2席)

ドルビーシネマ料金

一般:2300円
大学生:2000円
高校生:1500円
中学生・小学生・幼児:1500円(1900円)

※ドルビーシネマ3D上映は、上記に一律+400円

T・ジョイ博多 アクセス

 電車では、JR博多駅からJR博多シティ1階の阪急百貨店側(博多口)エレベーターで9階へ。

 バスの場合は、西鉄バス天神地区から、「博多駅新三井ビル前」、「博多駅前C」、「博多駅センタービル前E」、「博多駅前C」「博多バスターミナル」のいずれかで下車。

福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ9階

2020年ドルビーシネマ導入予定の映画館

MOVIX京都

 最後に、2020年3月にドルビーシネマを導入する予定のMOVIX京都をご紹介。松竹マルチプレックスシアターズとしては3劇場目となるドルビーシネマを採用した映画館となります。

 2020年3月のオープンとなるため『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』がロングランしていれば、このMOVIX京都でもドルビーシネマで見られる可能性があるかも知れません…

MOVIX京都 アクセス

 電車の場合は、阪急電車河原町駅9番出口より新京極通りを三条方面へ徒歩10分、京阪電車三条駅6号階段より三条通りを西へ徒歩10分、地下鉄東西線京都市役所前駅ZEST御池2番出口より、南へ徒歩10分。
 
京都府京都市中京区新京極三条下ル桜之町400番

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』をドルビーシネマで鑑賞する際のご参考に!

 IMAXレーザー、IMAXレーザー/GTテクノロジーと同様に、この1年で導入が進んだドルビーシネマ。

 他の映画では、通常上映との違いがしっかりと感じられることが出来たので、宇宙空間などの黒い色調のシーンが多い『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でもドルビーシネマの実力が発揮されそう…早く見たいものです!

 まだドルビーシネマは全国に5か所のみの導入のため、足を運べる方は体験しておきたいところです。

 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』公開時のIMAXレーザー&IMAXレーザー/GTテクノロジー導入上映劇場一覧の記事も、合わせてご参照ください。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』公開時のIMAXレーザー&IMAXレーザー/GTテクノロジー導入上映劇場一覧
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』公開時に導入されている、全国のIMAXレーザーとIMAXレーザー/GTテクノロジー上映劇場をまとめました!