ベルメゾンネット

「スター・ウォーズ エピソード9」撮影開始!J・J・エイブラムス監督のSNS画像に写っているのは…

 「スター・ウォーズ エピソード9」が、現地時間8月1日(水)よりイギリスのロンドンにあるパインウッドスタジオにて撮影開始され、J・J・エイブラムスが記念すべき撮影初日のセットの画像をTwitterに投稿しました!

 「スター・ウォーズ エピソード9」は、マーク・ハミル、ビリー・ディー・ウィリアムズ、そしてキャリー・フィッシャーが『フォースの覚醒』の未使用フッテージを使用して出演するほか、新キャストとしてケリー・ラッセル、ナオミ・アッキー、リチャード・E・グラントの3人の出演が先日発表されていました。

「スター・ウォーズ エピソード9」にマーク・ハミル、ビリー・ディー・ウィリアムズ、キャリー・フィッシャー出演!新キャストも発表
「スター・ウォーズ エピソード9」の主要キャストが発表され、マーク・ハミル、ランド・カルリジアン役ビリー・ディー・ウィリアムズ、未使用フッテージを用いたキャリー・フィッシャーの出演、そして新キャストが明かされました!
スポンサーリンク

よく見ると、ミレニアム・ファルコン内の
フィン、チューバッカの姿が…

 「スター・ウォーズ エピソード9」監督のJ・J・エイブラムスは、Twitterでキャリー・フィッシャー不在での新章のスタートをほろ苦いと表現しながらも(「ほろ苦い」は、先日のマーク・ハミルのTwitter投稿と同様の表現)、キャストとスタッフに感謝しつつ、準備が整ったと表明。

 『最後のジェダイ』監督のライアン・ジョンソンと創造主のジョージ・ルーカスへ、そして『スター・ウォーズ』に携われた幸運に感謝を述べながら、J・J・エイブラムスが投稿した「エピソード9」撮影セットの画像は、緑色の照明の下で「Ⅶ」、「Ⅸ」のステッカーが貼られた撮影用カメラが写っています。

 『最後のジェダイ』を示す「Ⅷ」のステッカーが貼られていないのは、J・J・エイブラムスが監督していないためなのでしょう。

 この写真ではカメラにピントが当たっており、また傾いたアングルのため一見するとよくわからないのですが、このカメラの先にはジョン・ボイエガが演じるフィン、その左側にはチューバッカがいることがわかり、また顔はよく見えませんがフィンの右下にいるのはレイのように見えます(この写真に写っている、カメラのモニターにも注目)。

 そして、セット全体を見るとこれがミレニアム・ファルコンのコクピットであることに気付くのです…「エピソード9」撮影初日で撮ったのは、ミレニアム・ファルコンのシーンだったようです。

 また、フィンはこれまで着ていたレジスタンスのジャケットではなく、ベストを着ているようで、ハン・ソロやランドの姿も彷彿とさせます。

 『フォースの覚醒』の際にも、バット・ロボット・プロダクションズのTwitterで秘密が隠された投稿を行ってきたJ・J・エイブラムス。「エピソード9」でもこれから1年半、ファン心をあおるような投稿でSNSでも楽しませてくれそうです…

 同日に公開された『スター・ウォーズ』公式WEB番組「The Star Wars Show」でも、「エピソード9」キャスト発表から撮影開始までの流れが紹介されています。

ジョン・ボイエガはinstagramで
新キャスト、ナオミ・アッキーを歓迎

 また、ジョン・ボイエガのinstagramでは「エピソード9」の新キャストのナオミ・アッキーを歓迎する投稿が。

Welcome to a whole new world Naomi Ackie! 🙌🏾🙌🏾🙌🏾🙌🏾🙌🏾

John Boyegaさん(@johnboyega)がシェアした投稿 –

 ナオミ・アッキーを抱きしめているジョン・ボイエガは、『最後のジェダイ』で見せた姿よりも髪が伸びています…また、トレーニングによって体も鍛えられているようです。

 このジョン・ボイエガの変化から考えると、『最後のジェダイ』は『フォースの覚醒』の直後のストーリーでしたが、『最後のジェダイ』と「エピソード9」の間にはある程度の時間経過があるのかも知れませんね。

 いよいよ撮影が開始された「スター・ウォーズ エピソード9」。キャストやスタッフのSNSではこうした撮影に関する投稿が行われることが予想されるので、各アカウントには注目です。