「オビ=ワン・ケノービ」にて森川智之が日本版声優続投!「オビ=ワンとベイダーが共演したら思い残すことはない!」

(C)2022 Lucasfilm Ltd.

 Disney+ (ディズニープラス)独占配信作品「オビ=ワン・ケノービ」の日本版声優として、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』からオビ=ワン・ケノービの日本版声優を務めてきた森川智之が、これまでのシリーズと同様に続投することが発表!

スポンサーリンク

オビ=ワン・ケノービ役、森川智之コメント

 オビ=ワン・ケノービが主人公として描かれることについて森川智之は「僕の声優人生においても特別な存在であるキャラクター、オビ=ワン・ケノービがついに主人公になるなんて感無量です。それもユアン演じるオビ=ワンの日本版ということで、今から収録が楽しみで仕方ありません」と喜びを明かしています。

 また、『エピソード3/シスの復讐』の10年後から『エピソード4/新たなる希望』につながっていく本作のオビ=ワンについて「僕の最初の『スター・ウォーズ』といえば、やはり『エピソード4』です。オビ=ワンとダース・ベイダーとの対決シーンは衝撃的でした。『エピソード3』から『4』への、それにつながるオビ=ワンの物語。帝国軍から身を隠し、ルークの成長を見守りながら、どんな物語が展開されるのか、ファンなら誰もが気になるところです!僕自身とてもたのしみで、早く内容が知りたいですね。」と語っています。

 さらに、「オビ=ワン・ケノービ」の予告編のラストにはダース・ベイダーの呼吸音が聞こえてきますが、オビ=ワンとダース・ベイダーの再共演については「オビ=ワンとダース・ベイダーの共演が観られたら、もう本望ですよ、思い残すことはございません!めちゃくちゃ嬉しいですね!世界中のファンが歓喜の涙を流すのではないでしようか。ふたりのライトセーバーの対決を期待しています!」と、多くの『スター・ウォーズ』ファンと同様に期待の声を上げています。

 オビ=ワン・ケノービの日本語版声優としておなじみの森川智之ボイスの続投により、「クローン・ウォーズ」を吹き替え版で見ていた方々もシームレスに「オビ=ワン・ケノービ」日本語版を鑑賞することが出来そうです。

 また、「超声優祭2022 Powered by dwango , Supported by ディズニープラス」の4月30日(土)20時30分~22時30分に配信される「マーベル&スター・ウォーズ特番 #ディズニーっコらぢお@超声優祭2022」では、アナキン・スカイウォーカー役の浪川大輔とともに森川智之が出演。

 オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーを演じる2人の、「オビ=ワン・ケノービ」配信前のコメントにも注目です。

 ディズニープラスオリジナル作品「オビ=ワン・ケノービ」の初回2話は、5月27日(金)16時よりディズニープラスにて独占配信。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス)
docomoアカウントでのご登録はこちら

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス)
その他のご登録はこちら

関連記事
スポンサーリンク

フォローする