サウンドトラックベストはスター・ウォーズ

 アメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI)が映画史上に残るサウンドトラック・ベスト25を発表しました。250曲の候補の中から、映画関係者やミュージシャン、歴史学者など500名余りの有識者の投票によって第1位に輝いたのは、ジョン・ウイリアムズが作曲した77年の「スター・ウォーズ/新たなる希望」!

 ジョン・ウィリアムズは他にも、6位に「ジョーズ」、14位に「E.T.」がランクインし、最多受賞を獲得しています。

1.「スター・ウォーズ」(77) ジョン・ウィリアムズ
2.「風と共に去りぬ」(39) マックス・スタイナー 
3.「アラビアのロレンス」(62) モーリス・ジャール 
4.「サイコ」(60) バーナード・ハーマン 
5.「ゴッドファーザー」(72) ニーノ・ロータ 
6.「JAWS/ジョーズ」(75) ジョン・ウィリアムズ 
7.「ローラ殺人事件」(44) ヴィッド・ラクシン
8.「荒野の七人」(60) エルマー・バーンスタイン 
9.「チャイナタウン」(74) ジェリー・ゴールドスミス 
10.「真昼の決闘」(52) ディミトリ・ティオムキン 
11.「ロビンフッドの冒険」(38) エリック・ウォルフガング・コーンゴールド 
12.「めまい」(58) バーナード・ハーマン 
13.「キング・コング」(33) マックス・スタイナー 
14.「E.T.」(82) ジョン・ウィリアムズ 
15.「愛と哀しみの果て」(85) ジョン・バリー 
16.「サンセット大通り」(50) フランツ・ワックスマン 
17.「アラバマ物語」(62) エルマー・バーンスタイン 
18.「猿の惑星」(68) ジェリー・ゴールドスミス 
19.「欲望という名の電車」(51) アレックス・ノース
20.「ピンクの豹」(63) ヘンリー・マンシーニ 
21.「ベン・ハー」(59) ミクロス・ローザ 
22.「波止場」(54) レナード・バーンスタイン 
23.「ミッション」(86) エンニオ・モリコーネ 
24.「黄昏」(81) デイヴ・グルーシン 
25.「西部開拓史」(62) アルフレッド・ニューマン

 1~6位は誰もが知っている超有名曲ばかりですね。ゴールドスミス、バーンスタイン、モリコーネ・・・映画音楽の巨匠ばかりです。

 これからもジョン・ウィリアムズ大先生にはまだまだ活躍していただきたい!ハリポも残ってるし!

関連記事
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク