ILMの3作品がオスカーノミネート候補に

 Variety.comより。

 賞レースの季節が迫ってくる中、アカデミー視覚効果賞のノミネート候補が公表されました。

 候補となっているのは『007 カジノ・ロワイアル』、『エラゴン-遺志を継ぐ者-』、『ナイト・ミュージアム(来春公開)』、『X-MEN ファイナルディシジョン』、『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』、『ポセイドン』、『スーパーマンリターンズ』の7作品。この中から3作品がノミネートされることになります。

 このうち、ルーカスフィルムのILMが携わっているのが『パイレーツ~』と『ポセイドン』、そして『エラゴン』。3作品あるので、おそらく今回のアカデミー賞でILMは視覚効果賞ノミネートされるはず。

 問題は最優秀を取れるかどうか。昨年は『キング・コング』でWETAが視覚効果賞を受賞しましたが、はたして今回ILMの逆襲はなるのか?

スポンサーリンク
ILMの3作品がオスカーノミネート候補に
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク