CGアニメ『クローン・ウォーズ』、劇場予告編&ポスター公開!

 Star Wars公式より。

 CGアニメ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』劇場版の予告編とポスターが公開されました!

 予告編は、全米で5月8日の午後7時58分に、カートゥーンネットワーク、TNT、TBS、CNN、Boomerangのターナーネットワーク5局にて同時に世界初公開。5月9日には、劇場でもポスターとともに見られるようになりました。

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

 ポスターは、アナキン、オビ=ワン、ヨーダとアーソカ・タノ、そしてクローントルーパーをはじめとした共和国の軍勢をデザイン!ヘタするとヨーダが主役のようにも見えますね・・・

 予告編では、今回のストーリーがうっすらとわかるようになっています。噂通り、あのキャラが関わってくるとは・・・以下、予告編の内容について書きます。ネタバレ注意!

 予告編は、おなじみの2つの太陽が輝く惑星(タトゥイーン)に宇宙船がやってくるところから始まる。そして、これまた見覚えがある大きな扉が開き、アナキンとアーソカ・タノが率いる共和国軍が進入するシーンが!

 ここまででわかるとおり、なんと『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』にはジャバ・ザ・ハットが登場する!ヨーダが語るところによると、ジャバの息子が誘拐されたということ。オビ=ワンはジャバと協定について交渉するというセリフや、『ジェダイの帰還』を彷彿とさせるシーンもあり。

 以前、レゴ クローン大戦画像公開の記事でもご紹介したように、やはりジャバがストーリーに絡んできます。クローン大戦当時のジャバの動向が明かされ、オビ=ワンやアナキンと対峙(おそらく)していた過去が語られるわけです。

 『ジェダイの帰還』でジェダイに対してある程度の知識を持っていたジャバは、アナキンとオビ=ワンに絡んでいたのか・・・納得。そしてチューイとヨーダが知り合いだったり、『スター・ウォーズ』世界は案外せまい。

 『エピソード2』、『3』の公開前には「アナキンがジェダイとなりタトゥイーンへ帰ってきて、ハットの手から奴隷制度を開放する。その過程でジャバは没落し、『エピソード1』ではポッドレースを開催するなど表舞台にも登場していたジャバが『ジェダイの帰還』では、裏世界のドンとなっていたのだ」という予想がファンによってされていました。これが今回、現実のものとなるのでは?!

 また、新三部作制作前には「クローン大戦の頃、ジャバはパルパティーンのジェダイ狩りに加担していた」という噂もありましたが、今回ジャバは分離主義勢力ともつながりがあるようなので、こちらも事実に近くなってしまうかも・・・

 その他にも、アナキン対ドゥークーやオビ=ワン対アサージなど、迫力の戦闘シーンが多数ありそう!

 そんなわけで、今回の『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』はオールドファンも必見!

スポンサーリンク
CGアニメ『クローン・ウォーズ』、劇場予告編&ポスター公開!
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク