Razor Crest – 31.12.2022

東京コミコン スター・ウォーズ ギャラクシー ステージ 2022レポート!ファンの熱意がこもったコスプレ&アート

 11月27日(日)の「東京コミコン2022」(「東京コミックコンベンション2022」)3日目にて開催された「東京コミコン スター・ウォーズ ギャラクシー ステージ 2022」の模様をレポート!

 「東京コミコン スター・ウォーズ ギャラクシー ステージ 2022」は、『スター・ウォーズ』ファンによるイラスト、アート、料理、写真などクリエイティブ作品の紹介と、コスプレランウェイが行われるステージ企画で、これまでの「東京コミコン」でも開催されてきた恒例イベントです。

 コスプレステージ部門は1分程度でパフォーマンスを行い、クリエイティブ部門はステージのスクリーンにて作品を紹介し、審査にてファンダム・スピリット賞、ベスト・デザイン賞、ベストコメディ賞の各賞を選出。

 審査員は、『エピソード2/クローンの攻撃』でボバ・フェットを演じたダニエル・ローガンさんと、東京コミコンのアドバイザーである杉山すぴ豊さん。

 「東京コミコン スター・ウォーズ ギャラクシー ステージ 2022」の模様は、動画もございます。

スポンサーリンク

コスプレステージ部門

 それでは、「東京コミコン スター・ウォーズ ギャラクシー ステージ 2022」のコスプレステージ部門、クリエイティブ部門に参加にされた方々をご紹介。

マンダロリアン

 イエローとレッドのカラーリングのオリジナルデザインのマンダロリアン・アーマーで登場したのは、学生を中心に構成されたマンダロリアン・ヤングリングスさんのお二人!身の回りの物から工夫してアーマー制作を行っているそうです。制作期間は1年!

 ブラスターのポージングもかっこいいですね!

クイーン・アミダラ

 『エピソード1/ファントム・メナス』のクイーン・アミダラの初登場シーンで着用していた衣装は、なんと1999年公開当時に制作したもの!23年前に制作されたコスチュームにも関わらず、縫い直しはほとんどなかったそうです。

 以前に作ったものを大事に取っていたということが大切であり、公開当時にここまでハイレベルな衣装を制作されていたことがダニエル・ローガンさんに評価され、ベスト・デザイン賞を受賞しました!

オビ=ワン・ケノービ&ダース・モール

 『エピソード1/ファントム・メナス』のオビ=ワン・ケノービとダース・モールのオビ・モールプロジェクトさんは、クワイ=ガンが倒れた後のシード宮殿でのオビ=ワンとダース・モールの決闘の殺陣をステージ上で再現!その殺陣は、劇中の印象にそっくりで、見せ方も工夫されており驚きです!

ダース・ベイダー&ストームトルーパー&R2-D2

 バービーと『スター・ウォーズ』のコラボレーションドールを再現したコスチュームとメイクは、2019年~2020年に発売された元となったドールそのままな印象!

バービー『スター・ウォーズ』コラボレーションドール12月6日発売!レイア、R2-D2、ダース・ベイダーをファッショナブルに表現
世界的な着せ替え人形のバービーと『スター・ウォーズ』のコラボレーションドールが、12月6日(金)より限定販売。レイア、R2-D2、ダース・ベイダーがおしゃれなアレンジで表現されたバービーです。
バービー『スター・ウォーズ』第2弾、6月27日限定発売!レイ、C-3PO、ストームトルーパーがモチーフ
バービーと『スター・ウォーズ』のコラボレーションドール第2弾が、6月27日(土)より数量限定で販売。レイ、C-3PO、ストームトルーパーをモチーフとしたコスチュームのバービーが登場。

 ダース・ベイダー、ストームトルーパー、R2-D2のバービーによるコミカルなパフォーマンスは、ベストコメディ賞を受賞しました!

クリエイティブ部門

ミッション完了!

 noshさんによる「ミッション完了!」は、「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」に登場したキャラクターたちが集合したイラスト!

 レッカーが「やっぱ、任務の後はこれだよな!」と言ってオメガと食べるマンテル・ミックスを中心に、シーズン1のキャラクターたちが一同に会し、もうすぐ配信開始のシーズン2への期待を高めてくれるようです。

白玉ヨーダ

 イシイマナミさんによる「白玉ヨーダ」は、抹茶の白玉で作られたかわいらしいヨーダ!思い付いてから1時間ほどで作り、食べ物なのでおいしく頂いたそうです!ダニエル・ローガンさんもおいしそうだねとコメント!

 愛情いっぱいに作って、最後は食べて自分のものにしてしまうということから、ファンダム・スピリット賞を受賞しました!

スター・ウォーズ・ファミリー

 Junさんによる「スター・ウォーズ・ファミリー」は、C-3PO、アソーカ・タノ、アナキン・スカイウォーカー、ボバ・フェット、キャプテン・レックス、オビ=ワン・ケノービを描いたイラスト。

 これは「スター・ウォーズ セレブレーション」で撮影され、Twitterにアップされたキャストの集合写真を元に、「クローン・ウォーズ」のキャラクターに置き換えたイラストとなっています!

スター・ウォーズかるた

 Yuda Fettさんによる「スター・ウォーズ・ファミリー」は、『スター・ウォーズ』オリジナル・トリロジーをかるた化した作品!制作途中ということで今回はあ行の紹介でしたが、イラストはもちろん、かるたの読み札が秀逸です!

 個人的には、『エピソード5/帝国の逆襲』の削除されたシーンからの「エコー基地 開けるな危険 ワンパ部屋」が好きです。

私について来れるか

 菱良仁さんによる「私について来れるか」は、『最後のジェダイ』のルーク・スカイウォーカーを線画で描いた1枚。まだ制作途中の段階ということですが、ルークが重ねた年月を感じさせるような深みのある眼差しが印象に残ります。

 ダニエル・ローガンさんも「アメージング!」と評価していました!

ダニエル・ローガン、来年2023年 東京コミコンの参加を宣言!

 審査員のダニエル・ローガンさんが最後に言っていたように、ひとりひとりが賞に値するようなファンの方々の熱意溢れるステージとなったかと思います。

 さらに、ダニエル・ローガンさんは「さよならとは言いたくない!またね!と言いたい!」と、来年2023年の東京コミコンにすごい俳優をさらに連れてやって来ると宣言!東京愛している、日本愛している、みんな愛している!と言って、来場したファンに再会を約束しました。

 来年2023年の東京コミコンの開催、そしてダニエル・ローガンさんとの再会を待ち望みたいと思います!

 「東京コミコン スター・ウォーズ ギャラクシー ステージ 2022」の模様は、以下の動画もございます。

関連記事
スポンサーリンク

フォローする