『スター・ウォーズ』ランド正式名称は 「Star Wars: Galaxy’s Edge」!ホテルもオープン決定!

 ディズニー公式ファンイベント「D23 Expo 2017」が7月14日からアナハイムコンベンションセンターにて開催され、カリフォルニアのディズニーランドとフロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに2019年にオープン予定の『スター・ウォーズ』のテーマランドについての最新情報が発表されました!

スポンサーリンク

テーマランドの正式名称は
「Star Wars: Galaxy’s Edge」!

 まず、これまで『スター・ウォーズ』のテーマランドとのみ呼ばれていたエリアの正式名称は、「Star Wars: Galaxy’s Edge(スター・ウォーズ ギャラクシーズ・エッジ)」に決定!

 今年2017年4月に「スター・ウォーズ セレブレーション オーランド 2017」で公開されたバックグラウンドストーリーでは、アウターリムの惑星にあり未開のフロンティアとの玄関口という設定が発表されていたので、文字通り「銀河の淵(ふち)」という場所なのでしょう。

『スター・ウォーズ』ランド映像/ストーリー公開&「スター・ツアーズ」に『最後のジェダイ』のあのシーンが追加!
『スター・ウォーズ』のテーマランドのメイキング映像とストーリーの一部が公開。また、「スター・ツアーズ」に追加される『最後のジェダイ』からの新シーンは、初登場の惑星クレイトであることが判明しました。

スター・デストロイヤーの史上最大規模のライド&
ミレニアム・ファルコン操縦アトラクション!

 「Star Wars: Galaxy’s Edge」の主要なアトラクションはこれまでの発表の通り2つの施設があり、いずれもレジスタンスとファースト・オーダーの戦いの真っ只中にゲストたちが飛び込んでしまうというものです。

 そのうちのひとつは、スター・デストロイヤーのハンガーベイの中に入ることが出来るライド形式のアトラクションで、ディズニーパーク史上最大規模のスケールの施設となります。

 もうひとつのアトラクションは、ゲストがミレニアム・ファルコンのコクピットに乗り極秘任務にチャレンジするというもの。実際にミレニアム・ファルコンの機体を操縦し、ブラスターを撃ち、ハイパースペースへとジャンプ出来る『スター・ウォーズ』ファンの夢が叶うアトラクション!

 さらに、アトラクション中でのゲストのアクションによって、クレジットを得ることが出来、ミレニアム・ファルコンが無事に帰還したら、お尋ね者としてハウンティハンターのリストに載ることになるなど、スコアランキングのようなものの存在も示唆されています。

 「スター・ツアーズ」のようなフライトシミュレーター型アトラクションの要素に加えて、「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター 」のようなゲームの仕組みも含まれているという、『スター・ウォーズ』ファン感涙のアトラクションとなりそうです…

「スター・ツアーズ」のレックスも登場!

 感涙といえば、「スター・ツアーズ」ファンにはうれし泣きする要素も!

スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー

 「Star Wars: Galaxy’s Edge」ではBB-8やチューバッカ、ファースト・オーダーのメンバーといったキャラクターたちがパーク内に登場しますが、あの「スター・ツアーズ」のレックスも現れます!

 レックスは、「Star Wars: Galaxy’s Edge」内のカンティーナでDJをしているとのこと。パイロットからDJに転向したレックスは、カンティーナでどんなおしゃべりと音楽を聞かせてくれるのでしょうか…

「Star Wars: Galaxy’s Edge」全景模型が展示!

 「D23 Expo 2017」の「A Galaxy of Stories」パビリオンでは、『スター・ウォーズ』テーマランドである「Star Wars: Galaxy’s Edge」全体の模型が展示。

 これまで主にコンセプトアートが公開されてきましたが、立体化されることでより「Star Wars: Galaxy’s Edge」のイメージが実感出来るようになりました!ここは、まさに『スター・ウォーズ』ギャラクシーそのものな、『スター・ウォーズ』ファンにとっての新たな「聖地」となるでしょう…

 この「Star Wars: Galaxy’s Edge」は、『エピソード1/ファントム・メナス』、『エピソード2/クローンの攻撃』、『フォースの覚醒』といった映画のプロダクションデザイナーであるダグ・チャンが、ディズニーイマジニアリングのスタッフとともにデザイン。

 映画のスタッフが関わることで、映画の世界観そのものな体験に期待がかかります。

 今回の「D23 Expo 2017」では、テーマランド全体の模型以外にもパーク内に登場すると思われるアイソリアンのマスクや、前述したスター・デストロイヤーのハンガーベイ内に入るアトラクションのライドの模型が公開されています。

『スター・ウォーズ』リゾートホテルも
フロリダにオープン決定!

 ここまで来ると、「この場所にずっといたい!泊まりたい!」と思いますが、その願いも叶えられます!

 フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにて、『スター・ウォーズ』テーマのリゾート計画も発表されました!

 『スター・ウォーズ』の世界そのものなホテルなどの宿泊施設も用意されることにより、まさに『スター・ウォーズ』ギャラクシーに「住む」住人となることが出来ます!これ、絶対帰ってこれないだろ…

 これは今年2017年4月の時点で、ウォルト・ディズニー・ワールドでアンケート調査が行われていることから噂になっていたもの。

『スター・ウォーズ』ランド映像/ストーリー公開&「スター・ツアーズ」に『最後のジェダイ』のあのシーンが追加!
『スター・ウォーズ』のテーマランドのメイキング映像とストーリーの一部が公開。また、「スター・ツアーズ」に追加される『最後のジェダイ』からの新シーンは、初登場の惑星クレイトであることが判明しました。

 コンセプトアートも当時の噂の通りで、大きな宇宙船のような施設となりそうです。

ここは『スター・ウォーズ』ギャラクシーの
住人になれる、夢の場所!

 「Star Wars: Galaxy’s Edge」内の再現性もさることながら、リゾートホテルもオープンすることにより、起きてから寝るまで『スター・ウォーズ』ギャラクシーに住むという体験が可能になるなど、複合的なバケーションが可能になりそうです。

 世界中の『スター・ウォーズ』ファンが1度は訪れてみたい場所となることにより、パークに新たな客層が訪れることは確実かと思います。これにより、どの程度のゲスト数アップにつながるかも興味深いところ。

 映画の単純な再現ではなく、『スター・ウォーズ』の世界をゲスト自身が探検し、ストーリーを築くことが出来る「Star Wars: Galaxy’s Edge」。2019年のオープンまであと約2年となりましたが、宿泊施設の費用感など実際に遊びに行くための現実的な情報もこれから欲しいところ。

スポンサーリンク
『スター・ウォーズ』ランド正式名称は 「Star Wars: Galaxy’s Edge」!ホテルもオープン決定!
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事

コメント