Disney +(ディズニープラス)、2020年後半に日本でサービス開始予定とウォルト・ディズニー・カンパニーが発表!

 ディズニー独自の動画配信サービスであるDisney+ (ディズニープラス)が、今年2020年後半に日本でサービス開始される予定について、ウォルト・ディズニー・カンパニーのニュースリリースで発表されました。

 これは、ディズニープラスがアメリカでのサービス開始から5ヶ月で全世界5000万会員を突破したことについてのニュースリリースにて、ウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナルのケビン・メイヤー会長が「ディズニープラスが世界中の多くの人々の心に響いていることを大変光栄に思っており、これは今年後半に西ヨーロッパ、日本、中南米全域への継続的な拡大の前兆となると信じています」という形で触れられたもの。


Disney+ (ディズニープラス)

スポンサーリンク

「マンダロリアン」以外も充実のディズニープラス『スター・ウォーズ』関連作品

 ディズニープラスでは、実写ドラマシリーズの「マンダロリアン」、アニメ「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」ファイナル・シーズンがオリジナル作品として配信中。

 また、ディズニープラスで配信されている『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』は、カンティーナでのハン・ソロとの対決シーンにて、グリードが過去のバージョンで発言していなかった「マクランキー」というセリフをなぜか撃たれる直前に言い残している再修正されたバージョンとなっているなど、すでにディズニープラス配信地域の『スター・ウォーズ』ファンの間で話題になっているコンテンツが展開されています。

 中でも、「クローン・ウォーズ」ファイナル・シーズンと『エピソード4/新たなる希望』ディズニープラス版は日本ではまだ見ることが出来ないため、国内でも配信して欲しいところ!

「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」ファイナル・シーズン、Disney+で配信中!未完成エピソードがついに実現
「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」ファイナル・シーズンが、動画ストリーミングサービスであるDisney +にて配信中。未完成エピソードがついに完成版として公開。

 ディズニープラスは、2019年11月にアメリカとカナダ、オランダ、オーストラリアとニュージーランドにて展開を開始し、この2週間の間にはイギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストリア、スイスといったヨーロッパの国々と、既存の配信サービスと連携してインドでも提供が開始されるなど、北米中心だった配信地域を広げています。

 つまり、「マンダロリアン」がディズニーデラックスにて2019年12月から日本で視聴出来たのは、世界的に見ると実は結構早い方だったのです。

 ディズニープラスの配信コンテンツが日本でも見られるようになれば、『スター・ウォーズ』パロディの多い「シンプソンズ」も30シーズン分が見られることに!配信されるのであれば、大変でしょうが日本語吹き替え版も復活して欲しいですね。

 また個人的には、ディズニープラスオリジナル作品の「The Imagineering Story」が見たいところ。ディズニーランドの舞台裏、また開発したイマジニアたちの仕事を描いたもので、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」についても触れられています。


dアカウントで入会すると初月無料(初回のみ)
Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)

スポンサーリンク
Disney +(ディズニープラス)、2020年後半に日本でサービス開始予定とウォルト・ディズニー・カンパニーが発表!
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事