ルーカス動画インタビューで映画界撤退を否定

 数日前、Variety.comのインタビューを流し読みしていたものの、時間もなかったので記事にするのは後にしよう、と思っていたのですが・・・
 この記事の内容は、多くの小規模映画とウェブ配信が映画界の未来であり、ルーカスフィルムは映画ビジネスから脱却するというもの。

 「映画を作りたいとは思わない。 我々はテレビ業界に参入しようとしている。ルーカスフィルムが関するものは、コストがかかり過ぎるしリスクも高いので、映画から離れるよ」
 
 制作費の1億ドルと、P&A(フィルムのプリント代と宣伝費のこと)にもう1億ドルを費やす超大作映画の手法が意味をなさないと主張。

 「その2億ドルで、私は50~60本の2時間映画を作れる。それは2時間と対照的に120時間だ。 将来の市場では、すべてペイパーヴュー方式とダウンロード配信になるので、そうした方向へ向かう」
 ルーカスは、ピクサーのスティーブ・ジョブスとジョン・ラセターとこの問題について議論したそうです。

 とはいえ、ルーカスフィルムがオンライン分野へ参入するということではなく、またこの方向性はすぐさまというわけでも、絶対でもなく、『インディ・ジョーンズ4』もまだ製作中で、『インディ4』と共に15年間をかけているという『レッドテイルズ』も進行中。
 
 またルーカスは、膨大な予算をかけた戦略が、これまで順調だったのを認めましたが「我々は2億ドルの投資をするつもりはない。」と発言。

 というのがVariety.comの記事だったわけですが(他にも映画産業における人材育成の重要性などを語っている)、IESB.netによるジョージ・ルーカス本人の動画インタビューによれば、映画ビジネスをやめるということはないと言っています。やっと本題に入れた・・・

 どうやらVariety.comはルーカスの言葉を曲解していたようで、大筋をだいぶゆがめていた模様。たとえ『インディ・ジョーンズ4』であっても、大予算をかけることはせず、低予算を維持するというのが本心のようです。

 百聞は一見にしかず、10月6日にハリソン・フォードと共に出席した「ジュール・ベルヌ・アドベンチャー映画祭」の時に撮られた、IESB.netインタビュー映像を見ればおわかり頂けます。

 実写TVシリーズに関しては、全て新キャラクターで『エピソード3』と『4』の間という今まで通りの発言。
 また「Tales of Jedi」、「Golden Age of the Sith 」など、映画の数千年前の話を取り上げるという一部の噂に関しては「それはないな」と否定。さらに、「帝国の影」も「ハハッ!」と笑顔で否定。 

 というわけで、ルーカスはまだまだ映画業界やめへんでぇ!ということでした。

 eiga.comも訂正記事を出して欲しい。影響力が強いんだから、あっという間にあちこちのブログエントリーに広まる責任を感じて頂きたい。
 この前のDVDの件でも、当ブログの記事がきっかけでeiga.comの誤報に気が付いた方(超音速備忘録さん)もいらっしゃるようですし。

 実際に本人の口から言ったことでないと、やっぱり信用ならないというお話。特にショービズ界はこういうことが多そうですね・・・

スポンサーリンク
ルーカス動画インタビューで映画界撤退を否定
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク