クローン・ウォーズ第11話「囚人ドゥークー(Dooku Captured)」動画/レビュー

 「クローン・ウォーズ」第11話「囚人ドゥークー(Dooku Captured)」レビューです。

 長きに渡る探索の末、ついにジェダイ騎士団はドゥークー伯爵を追い詰めた。しかし、ドゥークーを追っている最中のアナキンが行方不明に。
 オビ=ワンは、最後に消息のあったアウターリムにある分離主義者の戦艦へと乗り込む。

 戦艦の監獄で、オビ=ワンはアナキンと合流。アナキンはドゥークーの居所を突き止めるべくわざと分離主義者に捕まっていたのだ。

 戦艦内を探索し、瞑想中のドゥークーを発見した2人。共和国軍のスターデストロイヤーが攻撃を開始する最中に、ドゥークーは足元の隠し扉からドッキング・ベイへと逃走。そのままソーラー・セイラーに乗って逃亡を図る。

 アナキンとオビ=ワンは、近くのシャトルに乗り込みドゥークーを攻撃。シャトルの砲撃によって、ソーラー・セイラーはダメージを受けるものの、シャトルもヴァルチャー・ドロイドに衝突。そのまま、双方の船は近くの惑星に不時着することに。

 ドゥークーが潜んでいると思われる洞窟に足を踏み入れるアナキンとオビ=ワン。しかし、ドゥークーがフォースで落盤を引き起こし、2人は閉じ込められてしまう。

 外に出たドゥークーが見たのは、ソーラー・セイラーの周りに集まったウィークウェイの海賊たちの姿だった。

 海賊のリーダー、ホンド・オーナカは、6パーセク先の近隣の惑星であるフローラムへ運んでやることをドゥークーに提案する。他に交通手段がないドゥークーは、これを受けるがフローラムは海賊たちのアジトだった。

 洞窟の中では、アナキンとオビ=ワンがガンダークに襲われていた。アナキンはライトセーバーをドゥークーに奪われ、オビ=ワンのライトセーバーも故障している中、フォースでガンダークを撃退するものの、今度は洞窟内に有毒なガスが発生。

 ガスによって倒れかけたその時、突然洞窟に光が差した。アソーカとクローン・トルーパーたちが助けにきたのだ。

 フローラムに到着したドゥークーは、ライトセーバーを盗られたことに気付く。ホンド・オーナカのコアキアン・モンキー・リザードにスられていたのだ。丸腰のドゥークーを、30人以上のライフルで武装した海賊たちが取り囲む。ホンド・オーナカは、このシス卿を共和国に売り渡す気なのだ。

 コルサントのパルパティーンの元にホンド・オーナカがドゥークーを捕らえたという連絡がもたらされた。パドメはドゥークーを確保できるチャンスと捉え、2人のジェダイを送り確認を取ることを進言。

 フローラムの近くにいたアナキンとオビ=ワンが、この任務に就くことになった。彼らは捉えられたドゥークーと出会うが・・・

 2009年、一発目の『クローン・ウォーズ』は、ドゥークーがあっさり海賊に捕まってしまうという急展開エピソード。
 第3勢力が物語のキーを握るというのも、『スター・ウォーズ』らしい展開です。

 再びアナキンとオビ=ワンがドゥークーと対峙するも、ガチンコ対決までには至らず。これからもシリーズの中で何度か対決するのでしょう。『シスの復讐』で言っていた、前回戦った時よりもさらに強くなったっていつから数えてなのか・・・

 冒頭で宇宙服を着たオビ=ワンが登場したのには新鮮な驚きが。『スター・ウォーズ』の映像化作品で、いかにもな宇宙服が出たのは初かと。

 また、『帝国の逆襲』や『クローンの攻撃』のセリフにあったガンダークも登場。こちらもゲームなどには出ていましたが、初映像化?やっとガンダークが動いているところを見られたよ・・・

 また、ライトセーバーが蛍光灯のように光がなくなってしまうというのも家電っぽくて親しみがもてました。

 個人的には、ジャワが殴られて思いっきり吹っ飛ばされたシーンがツボ。吹っ飛ばされても「ウーティーニー」を忘れず、なおもケンカしにいくガッツが素晴らしい・・・

【オマージュポイント】
・分離主義者の戦艦内で、突然現れたアナキンにオビ=ワンが思わずライトセーバーを向けるのは『シスの復讐』から。

・ドゥークーとアナキンが滑り降りるチューブは、『帝国の逆襲』でルークが降りたクラウドシティのチューブに似ている。

・海賊に捕まったドゥークーが拘束されているのは、『クローンの攻撃』でオビ=ワンが捕まっていたのと同じシチュエーション。ここでは立場が逆転・・・

・ウィークウェイの海賊が乗る船は、古典的な空飛ぶ円盤・UFOのまんま。
 クルクル回転している円盤と、「ヒョロロロ~」という効果音も付いていてレイ・ハリーハウゼンの特撮が有名な『空飛ぶ円盤地球を襲撃す』をはじめとした1950年代のSFへのオマージュかと思われます。

 実は、こうした古典的なUFOは『エピソード1』の時からコンセプトアートとしてあった模様で、通商連合かオルデランの船として検討されていたとか。

 次回「クローン・ウォーズ」は、「グンガンの将軍(The Gungan General)」!

 オビ=ワンとアナキンも捕まり、ドゥークーとまさかの共闘!?仲良く電車ごっこでに脱出だ!?そして、みんなの運命はまたもジャージャーに託された!またお前か!

スポンサーリンク
クローン・ウォーズ第11話「囚人ドゥークー(Dooku Captured)」動画/レビュー
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク