クローン・ウォーズ第17話「ブルー・シャドー・ウイルス(Blue Shadow Virus)」動画/レビュー

 「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」第17話「ブルー・シャドー・ウイルス(Blue Shadow Virus)」レビューです。

 ナブーが再びバトル・ドロイドの脅威にさらされた。事態の把握のため、ナブーのシード宮殿を訪れたパドメとジャージャー、C-3POを、クイーン・ニーユートニーとキャプテン・タイフォが出迎えた。

 ナブー防衛軍は草原地帯でバトルドロイドを発見しており、クイーン・ニーユートニーはパドメに議会に侵略を報告するよう求めたが、パドメは以前のナブー侵略の経験からさらなる証拠がないと難しいとわかっていた。

 そこで、回収したドロイドを解析しているドロイド修理室へ向かう一行。ドロイドからは、秘密研究所が開発したウイルスの情報を聞き出すことに成功する。

 しかし、ジャージャーがドロイドの残骸から出てきた、好物の青いスラッグ=ビートルを追いかけるうちに、ドロイド修理室をメチャムチャにし、分析中のドロイドを破壊してしまう。
 ジャージャーによると、そのスラッグ=ビートルは西の沼地でだけ見ることが出来るパーロートの木にしか生息していないという。

 早速、パドメはジェダイ評議会に連絡を取り、ヨーダとメイス・ウィンドゥにこの発見を報告し、アナキンとオビ=ワンが派遣されることになった。

 ナブーの草原では、シャアク飼いのグンガン、ペピー・ボウが飼っているシャアクたちが、川の水を飲んだ途端に死んでしまった。川はすでに汚染されていたのだ。

 草原に訪れたパドメとジャージャーは、ペピーと出会い、彼女の案内でパーロートの木に向かう。しかし、彼らを見つめる目があった。地下の秘密研究所の主、ドクター・ヌーヴォ・ヴィンディだ。パドメとジャージャーは、ドクター・ヌーヴォ・ヴィンディが放ったバトルドロイドに捕まってしまう。

 パドメ、ジャージャーと対面したドクター・ヌーヴォ・ヴィンディは、大昔に姿を消したブルー・シャドウ・ウイルスについて語る。銀河系のすべての種族に対して作用し、治療手段がないこのウイルスは本来、水を通じてのみ拡散するが、ドクター・ヌーヴォ・ヴィンディは空気感染するように作り変えた。さらに、この新型ウイルスを爆弾に込めて恐ろしい兵器を作るつもりなのだ。

 アナキン、オビ=ワン、アソーカが率いる共和国軍はシード宮殿に到着。ペピー・ボウの報告によって、パドメとジャージャーが行方不明になった場所を知り、アソーカがペピーとともに現地へ向かうことに。

 キャプテン・タイフォは、回収したバトルドロイドから発見したホログラムを見せる。そのホログラムには、ドクター・ヌーヴォ・ヴィンディがブルー・シャドウ・ウイルスの爆弾を各星系にばらまく計画が明かされていた。

 研究所の入り口は、警備が厳重だったためオビ=ワンはアソーカに、サーマルデトネーターで爆破するよう指示。爆破口からキャプテン・レックス率いるクローントルーパーとアソーカが突入。別の爆破口から、アナキン、オビ=ワンの部隊がそれぞれ突入した。

 アナキンの部隊は、ドクター・ヌーヴォ・ヴィンディを発見するが、パドメとジャージャーを人質に取られているため、彼らを助けることを優先しドクターは逃走する。

 オビ=ワンの部隊は、爆弾組み立てエリアへと向かう。その時、ドクターの遠隔操作によって全ての爆弾が起動してしまう。さらに、1つの爆弾が行方不明であることが判明。ドクターのアシスタントドロイドが持ち逃げしていたのだ。

 はたして、ウイルス爆弾の脅威から銀河系を守ることが出来るのか?

 「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」初の1時間スペシャルは、脅威の生物兵器、ブルー・シャドウ・ウイルスを巡るストーリー。

 ブルー・シャドウ・ウイルスを作り出すドクター・ヌーヴォ・ヴィンディの研究室は白黒の色調になっており、古き良き時代のモノクロSF映画に登場する実験室を連想させます。
 パドメとジャージャーを襲う電流や、起動レバーも、古典SF映画風のデザイン。ヌーヴォ・ヴィンディの大げさな話し方や笑い方も、いかにもなマッド・サイエンティストぶり!
 設定上、この地下研究室は『ファントム・メナス』の頃から作られていたようです。

 ナブーは以前にもクローン大戦を描いたスピンオフで、スワンプ・ガスという化学兵器の脅威にもさらされていました。

 そのナブーを治める今回初登場のクイーン・ニーユートニーは、『クローンの攻撃』のジャミラと『シスの復讐』で在位していたアパライナの中間に位置するクイーンです。

 また、トルーパーファンには爆弾処理専門のオレンジ色をしたクローン・ボム・スクワッド・トルーパーも注目。このエピソードが初登場となる、地道に爆弾解除を行う彼らの活躍も見所です。

 クライマックスでは、ドクター・ヌーヴォ・ヴィンディが時間稼ぎのために投げるウイルスをジェダイが次々とキャッチするのがスリリングですが、手でキャッチせずにフォース使えよ!とツッコミを入れたくなるのが正直なところですな・・・

【オマージュポイント】
・地下研究所のチューブ状の通路は、『帝国の逆襲』のクラウドシティの通路にインスパイアされたデザイン。

 「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」1時間スペシャルの後編は、「千の月の謎(Mystery of a Thousand Moons)」!ブルー・シャドウ・ウイルスの脅威はまだ終わっていなかった!ウイルスに感染したパドメ、アソーカ、レックスたちを、アナキン、オビ=ワンは救えるか?

スポンサーリンク
クローン・ウォーズ第17話「ブルー・シャドー・ウイルス(Blue Shadow Virus)」動画/レビュー
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク