「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」のここで会える!キャラクター&クリーチャーガイド

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

 カリフォルニアのディズニーランドに先日オープンした、『スター・ウォーズ』のテーマランド「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

 惑星バトゥーのブラック・スパイア・アウトポストを舞台としたこのテーマランドには、エイリアンやドロイドを含めた『スター・ウォーズ』の様々なキャラクターやクリーチャーを目にすることが出来ます。

 そんな「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」で会えるキャラクターとクリーチャーについて、出没場所も含めてご紹介!

スポンサーリンク

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」で会えるキャラクター

チューバッカ

出没場所:ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン、レジスタンス野営地

 ミレニアム・ファルコンの副操縦士としてハン・ソロと長年行動を共にしてきたチューバッカは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の後、故障したミレニアム・ファルコンでバトゥーに到着(「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」の時代設定は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の後となります)。

 ミレニアム・ファルコンを修理するために特殊な部品が必要となったチューバッカ。そこで、アニメ「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」、「スター・ウォーズ 反乱者たち」に登場してきたホンドー・オナカーが密輸の仕事にミレニアム・ファルコンを使いたいというので、部品と引き換えにファルコンを貸し出す取引をします。

ホンドー・オナカー

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

出没場所:ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン

 TVアニメシリーズ「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」、「反乱者たち」に度々登場し、その憎めない性格とともにゲストキャラクターとしておなじみとなったホンドー・オナカーは、アトラクション「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」で会うことが出来ます。

 アナキンやオビ=ワンのことを知るホンドー・オナカーは、その孫の世代になってもまだ健在!ウィークウェイは長寿ですね…

 ひょうひょうとした態度で相手を煙に巻くペテン師であり、常に新たな儲け話を探しているホンドー・オナカーは、ブラック・スパイア・アウトポストを拠点として規制品の入手や配送を行うオナカー・トランスポート・ソリューションズを設立。表向きは「合法的な」実業家に転身したようですが、まだ密輸業者だと考える者のほうが多そうです。

 アトラクション「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」では、ミレニアム・ファルコンに必要な部品と引き換えに、ホンドーはファルコンをチューバッカから借ります。

 借りたミレニアム・ファルコンを使って、ファースト・オーダーとレジスタンスの双方とって重要となる貴重な積み荷の入手を手伝う話をゲストに持ち掛け、ゲストはその搭乗員となるのです。

 これがアトラクション「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」のバックグラウンド・ストーリーです。

R5-P8

出没場所:ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン

 ホンドー・オナカーの海賊団のアストロメク・ドロイドとして「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」に登場していたR5-P8に、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」で会える!

 レジスタンスとファースト・オーダーの戦いの時代には、ホンドー・オナカーのオナカー・トランスポート・ソリューションズで働くR5-P8は、アトラクション「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」のプレショーに登場。

 この生意気なドロイドはホンドーが所有するもっとも有能なアストロメク・ドロイドで、多くの海賊の宇宙船で修理工として働いています。R5-P8 はしばしばホンドーに連絡を取り、海賊たちにプレッシャーをかけています。

ドク=オンダー

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ ドク=オンダー

出没場所:ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク

 あらゆる珍品・希少品を集める大物コレクターであるドク=オンダーは、自身のアンティークショップ「ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク」で銀河中の顧客を相手に様々な貴重品の売買取引をしています。

 このアイソリアンは銀河随一のコレクションを所有している誇り高きキュレーターであり、ブラック・スパイア・アウトポストにある闇市場の「門番」としても知られているため、地元民からは「逆らってはならない相手」として恐れられています。

 ドク=オンダーは、デスクで在庫確認をしたり、臨時注文の件でアシスタントを怒鳴ったりしている様子を見ることができます。

オーガ・ガーラ

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

出没場所:オーガのカンティーナ

 ブラック・スパイア・アウトポストの暗黒街を牛耳るオーガ・ガーラは、ブルトピアンの女性。

 オーガ・ガーラは謎に包まれた人物で、その姿を見た者はいませんが「オーガのカンティーナ」で従業員を怒鳴りつけている声を聞いた者は少なくありません。オーガ・ガーラの影響力はブラック・スパイア・アウトポスト内のあらゆる取引に関与すると共に、この地に出入りする者すべてに目を光らせています。

ギャザラー

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

出没場所:サヴィのワークショップ:ハンドビルト・ライトセーバー

 フォースの信奉者であるギャザラーは、古代知識の伝授を通じて銀河の調和を回復することに身を捧げているグループです。自分だけのライトセーバーを製作する次世代のジェダイ候補者の指導も、ギャザラーのミッションの1つとなっています。

ヴィー・モラディ

出没場所:ブラック・スパイア・アウトポスト

 スピンオフ小説「スター・ウォーズ ファズマ」に登場したレジスタンスのスパイ、ヴィー・モラディに、なんと「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」で会えます!スピンオフ出身のキャラクターが早くも実写となり、しかも直に会えるとは…

 ヴィー・モラディは、レジスタンスの兵員のリクルートステーション設置の可能性を探るためにバトゥーにやって来ました。ファースト・オーダーの目を逃れながら、ブラック・スパイア・アウトポストでレジスタンスに加わってくれる新たな人材を探しています。

Galaxy’s Edge: Black Spire (English Edition)

 ヴィー・モラディは、アメリカで8月に刊行されるスピンオフ小説「Galaxy’s Edge: Black Spire」にも登場。「ギャラクシーズ・エッジ」のメディアミックス作品でも活躍するようです。

 また、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」のオープニングセレモニーではアレックス・マーシャル=ブラウンがヴィー・モラディを演じました。

カイロ・レン

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ

©Disney/Lucasfilm Ltd. © & TM Lucasfilm Ltd.

出没場所:ドッキング・ベイ9(ファースト・オーダー野営地)

 カイロ・レンは、レジスタンスを一掃すべくバトゥーを訪れ、レジスタンスにつながるあらゆる情報に目を光らせています。ゲストにもその魔の手を伸ばしてくるかも知れません…

レイ

出没場所:レジスタンス野営地

 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のクライマックスのクレイトの戦いからしばらく後、レジスタンスの英雄であるレイはバトゥーにやって来ました。

 アウター・リム・テリトリーにあるこの惑星でレイは、レジスタンス支持者へ積極的にコンタクトしながら、新たな人員のリクルート活動を指揮しています。

ザバカ

出没場所:トイダリアン・トイメーカー

 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』のワトーでおなじみなほか、「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」に登場した種族であるトイダリアンのザバカは、ブラック・スパイア・アウトポストで小さな露店を繁盛させています。

 他の店の主と良好な関係を築きながら高品質の玩具を売っている彼女の姿は、作業場の窓からシルエットで見ることができます。

8D-J8

出没場所:ロント・ロースター

 かつては製錬ドロイドだった8D-J8は、レストラン「ロント・ロースター」で肉を絶妙な加減で焼き上げて串焼き料理を作る仕事をさせるために再プログラミングされました。

 8D-J8は、『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』のジャバの宮殿でドロイドを拷問していた8D8と同型の8Dシリーズのドロイドで、外見の印象はそっくりです。

DJ R-3X

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ グッズ

出没場所:オーガのカンティーナ

 かつて「スター・ツアーズ」でパイロットを務めたキャプテン・レックスは、バトゥーに不時着し、ドロイド・デポの所有者であるウータイのムボの手でDJに再プログラミングされました。

 ムボの借金返済のためにオーガ・ガーラに譲渡されたレックスは今や「DJ レックス」となり、オーガのカンティーナを舞台に音楽で客を楽しませています。ただし、おしゃべり好きなのは以前と変わりありません。

 上記の通り、DJ R-3Xは旧「スター・ツアーズ」でキャプテン・レックスとして知られていたドロイドのRX−24。「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」のキューラインでもその姿は見られますが、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」でオレンジのカラーリングとなって再登場!

 声を演じるのは、旧「スター・ツアーズ」と同じポール・ルーベンスです。

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」で会えるクリーチャー

コンヴォア

出没場所:クリーチャー・ストール

 ふくろうのような外見のコンヴォアは「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」、「スター・ウォーズ 反乱者たち」に登場。この金色と茶色の羽毛を持つ鳥は、ペットとして銀河中で人気を集めています。

ダイアノーガ

出没場所:ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク、ブラック・スパイア・アウトポストの噴水式水飲み場

 ぬるぬるとした触手を持つこの肉食動物が初めて登場したのは『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で、デス・スターのゴミ圧縮機内でルーク・スカイウォーカーに襲いかかりました。

 ブラック・スパイア・アウトポストのマーケットプレイスにある噴水式水飲み場では、上部の貯水タンクから飛び出ているダイアノーガ(あだ名は「タイニー」)の 目を見ることが出来るかも知れません。ダイアノーガといえば、よどみきった汚水で生息しているイメージがあるので水飲み場の貯水タンクにいるとは、その水は飲んでも大丈夫なのか…

 また、ドク=オンダーは店のタンクでダイアノーガの幼体を飼っており「トゥーシー」という名前を付けています。

ドクマ

出没場所:クリーチャー・ストール

 カタツムリに足が生えたようなクリーチャーのドクマは、TVアニメシリーズ「スター・ウォーズ 反乱者たち」に登場。小さく臆病なこのクリーチャーは、身を守るための殻と2つの眼柄を持っています。

フェルーシアン・ファイヤフライ

出没場所:ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク

 光を放つこのクリーチャーは色鮮やかで湿潤なジャングルの惑星フェルーシアに生息し、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』で初めて登場しました。

フィアノック

出没場所:クリーチャー・ストール

 暗闇の中でしか生きることが出来ないフィアノックは、「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」、「スター・ウォーズ 反乱者たち」に登場。フォート・アナクセスの共和国軍基地、またその跡地に出没していました。「反乱者たち」でエズラ・ブリッジャーはフォースで巨大なフィアノックを操って大尋問官を攻撃し、ダークサイドに近付いていました。

 「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」では、露店の箱の中にいます。

ロズ=キャット

出没場所:クリーチャー・ストール

 ロズ=キャットは、「スター・ウォーズ 反乱者たち」の主人公エズラ・ブリッジャーの故郷であるロザルに生息する動物。「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」では、露店でしっぽをゆらゆらと動かしながら寝ている姿を見ることが出来ます。

コワキアン・モンキー=リザード

出没場所:クリーチャー・ストール

 『スター・ ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のジャバ・ザ・ハットのそばにいたサレシャス・クラムの種族であるコワキアン・モンキー=リザードも、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」で目にすることが出来ます。

 ここでのコワキアン・モンキー=リザードは露店内のケージからしっぽでぶら下がり、あの甲高い笑い声を上げている姿も見られます!

モモング

出没場所:クリーチャー・ストール

 トランドーシャの月ワスカーに生息し、トランドーシャン・モンキーという別名を持つモモングは、「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」に登場したクリーチャー。

 「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」では、露店内のケージからしっぽでぶら下がっている姿を見ることが出来ます。

マイノック

出没場所:オーガのカンティーナ

 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』でミレニアム・ファルコンの動力ケーブルなどをかじっていたマイノックは、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」の「オーガのカンティーナ」にあるタンクの1つに漬け込まれている姿を見ることが出来るかも知れません。

 マイノック酒があるのか…

オロポム

出没場所:ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク

 オロポムは、ナブーの沼地に生息する植物のような生き物。1999年発売のPCゲーム「Star Wars Episode I: The Gungan Frontier」に登場していました。

 すごいところから引っ張り出してきた…

プロフロッグ

出没場所:ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク

 プロフロッグは、『エピソード2/クローンの攻撃』の小説版で初めて言及されたタトゥイーンの生物。

 この大きなげっ歯類は地下に「タウン」と呼ばれる複雑な穴を掘ることで知られており、角や鼻、鋭い切歯、防御と穴掘りに使用される強力な鉤爪を持っています。

 「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」では、「ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク」でプロフロッグの剥製を見ることが出来ます。

パファー・ピッグ

出没場所:クリーチャー・ストール

 パファー・ピッグは、「スター・ウォーズ 反乱者たち」に登場した、貴重な鉱物を嗅ぎ当てることが出来るブタのような生物。

 「反乱者たち」でランド・カルリジアンがパファー・ピッグを奪取したように密輸業者に重宝されており、怯えた時に体を大きく膨らませるのが特徴。

 「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」では、「クリーチャー・ストール」でその目を見たり、鳴き声や鼻音を聞くことが出来ます。

サルラック

出没場所:ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク

 『エピソード6/ジェダイの帰還』に登場した、全長100mにも成長可能な砂中に潜み巨大な口だけを地上に露出させる危険な肉食動物であるサルラック。

 ドク=オンダーは、乾燥地帯の大気条件を再現した特殊なタンクでサルラックの幼体を飼っています。

スワンプ・スラッグ

出没場所:オーガのカンティーナ

 ダゴバの沼地に生息するクリーチャーであるスワンプ・スラッグ。映画に登場することはありませんでしたが、植物や動物を噛み砕くことができる数千本の歯を持っています。

 注意深く探してみると、「オーガのカンティーナ」のタンクで見つけることが出来るでしょう。

ワンパ

出没場所:ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク

 『エピソード5/帝国の逆襲』でルーク・スカイウォーカーを襲ったことでおなじみの、氷の惑星ホスに生息する巨大で白い毛に覆われたどう猛な肉食動物のワンパ。

 ドク=オンダーは、 ワンパの剥製をコレクションに加えています。

ウォンプ・ラット

出没場所:ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク

 『エピソード4/新たなる希望』で、ヤヴィン4にてデス・スターの攻撃作戦のブリーフィングを聞いていたルーク・スカイウォーカーが、故郷のタトゥイーンでよく撃っていたと言っていたのがウォンプ・ラット。

 ウォンプ・ラットは2メートルもない(から、デス・スターの排熱口にプロトン魚雷を狙えるんじゃない)と自信を持ってましたね。

 「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」では、「ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク」でウォンプ・ラットの剥製を見ることが出来ます。

ワート

出没場所:クリーチャー・ストール、オーガのカンティーナ

 ワートは、主にタトゥイーンの砂丘に生息する肉食の両生類で、『エピソード6/ジェダイの帰還』にてジャバ・ザ・ハットの宮殿の外で舌を伸ばして捕食する様子が印象的でした。

 「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」では、「オーガのカンティーナ」のタンクで生きているワートを見ることが出来ます。

キャラクター&クリーチャーに出会う、自分だけの『スター・ウォーズ』体験

 このように、映画でおなじみのキャラクターやクリーチャーとも、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」で初登場のキャラクターとも出会う機会が用意されているのがバトゥーのブラック・スパイア・アウトポスト!

 ホンドー・オナカーがアトラクションに登場することでわかっていたところではありますが、特筆すべきは、TVアニメはもちろん、ありとあらゆるスピンオフからキャラクターとクリーチャーを「ギャラクシーズ・エッジ」に持って来ていること!特にクリーチャーは、映画でおなじみの生物は押さえつつも、マニアックな出典も数多いです…

 あのキャラクターと会うもよし、クリーチャーを見つけて研究するもよし!これだけでも、アトラクションやショッピングだけではない楽しみ方が、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」にあることがわかるでしょう。まさに、自分だけの『スター・ウォーズ』体験が楽しめる場所ですね。