クローン・ウォーズ第7話「ドロイドの決闘(Duel of the Droids)」動画/レビュー

 「クローン・ウォーズ」第7話「ドロイドの決闘(Duel of the Droids)」レビューです。

 R2を捕獲したガー・ナックトは、グリーヴァスがいる分離主義者の聴音哨、スカイトップ・ステーションへと向かった。しかし、船内ではR2が電ノコを使って隔壁を破壊し、トワイライトへとメッセージを送っていた。

 これによりR2の無事と、分離主義者の聴音哨の場所がルーサンの月にあることをつかんだアナキン達。早速、聴音哨であるバトルステーションの破壊作戦を行うことになるが、R2も救出すると主張するアナキンに、オビ=ワンは救出任務ではなく破壊することを優先するように指示。共和国の機密情報もろとも、破壊するということなのだ。

 アナキン、アソーカ、レックスたちトルーパー部隊、そしてR3-S6は、惑星の上空に位置するスカイトップ・ステーションへと滑空し潜入。
 アソーカとトルーパー、R3は船内にある反応炉に爆弾を仕掛けに行くがアナキンは単身、R2を探しに行くことに。


 
 一方、船内ではガー・ナックトがR2の持っている共和国軍の機密データを発見した。重要データの発見により、更なる報酬を要求しようとしたガー・ナックトだが、グリーヴァスのライトセーバーに貫かれてしまう。

 トルーパー部隊とともに行動するR3は、ジェダイが船内にいることをグリーヴァスに報告する。R3は分離主義者のスパイだったのだ。 

 R3の妨害工作によって、アソーカが率いる部隊はドロイドに囲まれてしまう。さらに、グリーヴァスもやってきた!アソーカはグリーヴァスとの戦いに臨む・・・

 

 見張っていたマグナガードを蹴散らし、無事にR2を助け出したアナキン。トルーパー部隊とも合流するが、さらなるR3のワナが待っていた。密閉されたドッキングベイの中で、無数のドロイド軍団が襲い掛かる!そしてアソーカはグリーヴァスの手から逃れられるのか?

 行方不明になり、さらわれたR2を助け出すエピソードの後編。単なるモノであるドロイドとしてではなく、友達であるR2に対するアナキンの思いが描かれています。自分が不在の間に、R3-S6とコンビを組んでいたことを知って嫉妬するR2と、あわてて弁解するアナキンがほほえましい・・・

 そしてやっぱりスパイだったゴールディーことR3と、R2のサシのアストロメクドロイド対決は見もの!
 あらゆるツールを使って攻撃し、ぶつかり合う2体・・・これを見ると、「マイクロドロイド R2」シリーズで、「ドロイド相撲大会」を開催してみるのも面白いかも!と思いました・・・

 滑空する時に、レックスがR3をおぶって飛び降りるのも笑った!
  
 アクションの見せ場では、アソーカとグリーヴァスが初めてライトセーバーで対決。
 やはりグリーヴァスは強い!ですが、アソーカもグリーヴァスの手首を切り落とします。が、グリーヴァスが専用艇に乗り込むときには、もう手が元通りに!ドロイドの体なので、修理もカンタン?

【オマージュポイント】

・グリーヴァスがR2を「little friend」と呼ぶのは、『新たなる希望』のオビ=ワンと同じ言い回し。

・トルーパー部隊がドロイド軍団と銃撃戦を繰り広げている時にR3が、扉を開けるどころか逆にもう1枚ブラストドアを閉めてしまうのは『ジェダイの帰還』のエンドア攻防戦とシチュエーションがそっくり。

・R2がオイルを吐き出して攻撃するのは、『シスの復讐』でスーパーバトルドロイド2体を葬ったのと同じ戦法。

 次回『クローン・ウォーズ』は「型破りなジェダイ(Bombad Jedi)」!なんと、あのジャージャーが主人公!?新三部作の途中で扱いがテキトーになったが、汚名返上?!パドメを救うため大活躍!

 ミーのことウザいなんて言わないで、次回も見てネ!ムーイムーイ!

スポンサーリンク
クローン・ウォーズ第7話「ドロイドの決闘(Duel of the Droids)」動画/レビュー
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク