クローン・ウォーズ第6話「消えたドロイド(Downfall of a Droid)」動画/レビュー

 「クローン・ウォーズ」第6話「消えたドロイド(Downfall of a Droid)」レビューです。

 戦略的に重要なボサウイへ進軍してきたグリーヴァス将軍。共和国軍は、小惑星帯を通過する際に、前部にシールドを強化することに目を付けた。アナキンが率いるゴールド中隊がおとりとなり、小惑星に配備したAT-TEが防御が手薄になる背面を狙って奇襲を仕掛け、分離主義者の艦隊を壊滅させる。

 危ういところで、専用艇に乗り脱出したグリーヴァス将軍を追うアナキン。しかし、彼のデルタ-7B ジェダイ・スターファイターはスピンして大破してしまう。

 アナキンが目を覚ますと、そこは医療ベイだった。作戦は成功したものの、共和国軍の戦略、基地の所在など、重要データが詰まっていたR2-D2が行方不明となってしまったのだ!

 アナキンとアソーカ、そして新しいアストロメクドロイドのR3-S6は、トワイライトでR2の捜索に出る。

 大破した機体にはR2の姿はなかった。周辺にいた廃品回収船「ヴァルチャーズ・クロー」を見つけたアナキンたちは、船の主であるトランドーシャン、ガー・ナックトに案内されこの船内を捜索することに。

 しかし、R3のミスによりIG暗殺ドロイドを起動させてしまう。この危機を切り抜けたアナキンは、ガー・ナックトに詰め寄るが、R2はこの船にはいないと主張するアソーカとともに、その場を引き上げる。

 トワイライトが去った後、グリーヴァス将軍に連絡を取るガー。彼はR2を確保していたのだ・・・

 R2が行方不明になってしまい、アナキンはかなりガックリ。オビ=ワンにもジェダイはモノへ執着しない、と言われてしまいますが、信頼する相棒を失ったショックは大きかったようです。

 捕まったR2もタダでは転ばない。行動規制ボルトを自力で取り外すという荒業を披露!

 新たにやってきたR3-S6は、アソーカに「ゴールディ」と名づけられていますがアナキンはしっくり来ていない様子。ゴールド中隊隊長なのに!
 というか、R3が招いたミスによって訪れる危機が多過ぎ!さすがにわざとな気がしますが、その真相は次のエピソードで明かされるのでしょうか・・・

 スピーディーで迫力のスペースバトルに、ライトセーバーでの戦いもあり、アクション面でもかなり楽しめるエピソード。小惑星からAT-TEが砲撃する奇想天外な作戦も見所!

【オマージュポイント】

・「ヴァルチャーズ・クロー」には、『ジェダイの帰還』のジャパ宮殿と同じ目玉タイプの門番が。第5話「ルーキーたち(Rookies)」の共和国軍基地にも登場していたし、『スター・ウォーズ』ユニバースではポピュラーなセキュリティなのか?

・IG-88に似た、IGシリーズの暗殺ドロイドが登場。

・アナキンがトワイライト船内に収容される時に、「Almost There」と言いますが、これは『新たなる希望』でトレンチに突入したレッドリーダーのセリフ。十数年後、このセリフを言ったパイロットたちを後方から撃ち落とすことになるとは・・・

 次回『クローン・ウォーズ』は、「ドロイドの決闘(Duel of the Droids)」。R2の運命はどうなる?アナキンの相棒の座は渡さないぜ!とばかりにアストロメクドロイド同士の驚愕の決闘が見られるのか?!

スポンサーリンク
クローン・ウォーズ第6話「消えたドロイド(Downfall of a Droid)」動画/レビュー
この記事をお届けした
スター・ウォーズ ウェブログの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
スポンサーリンク